ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年オークス回顧

★オークス予想結果★
◎シンハライト…………優勝
○チェッキーノ…………2着
▲エンジェルフェイス…10着
△ロッテンマイヤー……13着

 展望で「6点でもガミらないのなら馬複BOXで。ガミるのなら普通に馬複3頭流しで」とか書いているのに、堅すぎるし、2強のどっちかコケるんじゃね?とスケベ心を出した買い方をして◎-○は買わなかったドアホウねぶです。こんばんは。NHKマイルCでも同じようなことをした気がします……ガミったらダメだけど、ガミらないなら堅くても抑えないとダメですね。終わってみれば、1,2人気馬とミルコで3複2000円。世間の人は馬券が上手くて参ってしまいます。

 人気どおりで、メジャーエンブレムもジュエラーもいないのなら、シンハライトは抜けていた。着差がわずかなのは鞍上が抜け場を探してフラフラしてたから。結果、デンコウアンジュがのけぞるぐらいの走行妨害。池添は左右見てるのか?左右を確認せずに、ウインカーも出さずに車線変更する高齢者の運転みたいな騎乗に感じた。危ないよ。自分が危険ならまだしも、周囲が危険ですしね。騎乗停止2日間?短いんじゃないの?池添はこのオークスの舞台で10年ほど前にもトールポピーで大斜行かましてる前科があるし。馬は強いですが、鞍上でケチがついてしまった。

 チェッキーノは惜しかったですね。シンハライトと枠が逆なら、戸崎はスムーズに縫って伸びて勝てたかもしれない。フローラSを好時計で圧勝したのはダテではなかった。ただ、現状では母や兄より距離が持つのは分かりましたが、実績的には兄と大差ない。大差つけるにはGIタイトルの奪取しかない。母や伯母を思えば、むしろ古馬になってからが本番かもしれません。ビッシュは前走、飛び上がるようなスタートで後手後手になってしまいましたが、今日は中団追走から伸びて3着。前走は度外視すべきだったのかな。出遅れなければミルコはさすが(大レースでは)

 終わってみれば、上位馬はビッシュを除いて後方の馬ばかり。前にはキツい流れになってしまったのかな。1000が59.8、2000が2.01.9。図抜けた馬なら、これを先行して上がり34.0とかでまとめて完勝するのでしょうが、ゲッカコウやダンツペンダントにそんな力があるはずもなく、エンジェルフェイスも頑張りましたが、坂を登ったところで力尽きてしまった。ただ、9着までが0.4差に密集しており、三冠目はひと夏越した秋。春の結果が秋へリンクするかといえば分からない……というか、そうはならないように感じられます。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「自動車メーカーの 燃費不正に思う」 | HOME | 『追い込みの人生』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |