ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年安田記念展望

 春の東京GIシリーズのフィナーレを飾るのは伝統のマイルGI・安田記念。時期が時期だけに馬場が渋りがちなことが多いレースですが、どうやら良馬場で行われそうです。堅いながらも先週のダービーで、俺の馬券のGI連敗は止まりましたし、今日の東京10Rで安田記念の資金も予定通りに確保できました。当たり前といえば当たり前ですが、頭数の多いレースは紛れが多くて、俺は苦手です。そういう意味では、たった12頭立ての安田記念はバシっと当てたいところです。まずは各馬の短評から。

1. クラレント…昨年の3着馬。改めて戦績を見ると、重賞6勝もしてます。4勝ぐらいかと思ってた。デビュー2戦目で重賞を勝ち、怪我することなく7歳。立派なお馬さんです。ただ、GIを8度走って、最高が去年のこのレースの3着。頑張って3着か。

2. ダノンシャーク…一昨年のマイルCS勝馬。ただ、以降未勝利です。13年の安田3着、14年は4着、去年は10着。富士Sも勝ってますし、条件はいいのですが、緩やかながら衰えてはきています。岩田騎手も今年は冴えません。

3. ロサギガンティア…前々走の阪神Cで重賞2勝目。前走の京王杯SCは3着。当初は1800で結果を出していた馬ですが、今は1400のほうがいいのかな。今回は面子がそろっていますし、ミルコも騎乗停止明けのこの1ヶ月、さっぱりです。勝ち負けまでは……。

4. ディサイファ…重賞4勝の実力馬。府中での重賞勝ちもありますし、コースは問題ない。今年のAJCCも完勝。ただ、芝のマイルを走るのは初めてですね。前走から900m短縮というのも常識的には厳しそう。距離がどうか?鞍上の武豊の手腕にかけるのみ。

5. コンテントメント…前走のチャンピオンズCでモーリスと0.4差。日本の馬場適性がどうかわかりませんが、通用しても良さそうな持ち時計ではあります。1分32秒台ではつらいでしょうが、33秒は実際に出している。海外馬は人気のないときのほうが不気味でもあります。

6. ロゴタイプ…皐月賞を制してから早3年あまり。未勝利です。惜しいレースもあったんですが。昨年の富士S3着などもありますが、父と同じで中山巧者という印象が強い。展開面も向かないように思えます。

7. サトノアラジン…前走の京王杯SCを完勝。でも、京王杯組はあまり安田記念との相性がよくないんですよね。距離延長がタフな府中マイルでは厳しいのか。それと、サトノはGI未勝利ですし、先週のダービー2着、今日は鳴尾記念勝ち(いずれも川田、今日は池江師も)。流れがいいのかどうなのか。

8. モーリス…7連勝中、GI4連勝中の去年の勝馬。実績断然ですが単1.7倍。本来ならタイキシャトルばりに単1.3倍でも不思議ないのですが、テン乗りのTベリー騎手が不安視されているのでしょう。でも、ベリーは今日、土曜日の府中で3勝してるんですよね。日本に慣れてきた感じもします。

9. イスラボニータ…一昨年の皐月賞馬ですが、その一昨年の秋・セントライト記念以来、1年9ヶ月も未勝利です。勝ててはいませんが、ここ2年の秋天、昨年のマイルCSも3着と好走してはいます。ここも連下なら十分にあっていい。頭数も少ないですしね。

10. フィエロ…2年余り前から重賞に参戦すること11回。好走すれども勝ちきれず。トップジョッキーの皆さん(前走は除く)が乗ってこれですから、今回ルメールといっても大きく変わるのかどうか?この馬なりには走ってるんでしょうし、頭はなくても連下なら。

11. リアルスティール…一年あまりも勝てずにいましたが、前走、ドバイの地で晴れてGI馬となりました。いやあ、ムーアはすごいね。さすが現在、世界最高の騎手と言われるだけある。府中実績もありますし、距離もこなすでしょう。問題は手が戻ってきたF氏。

12. レッドアリオン…人気薄でもあやしい馬が多い面子ですが、うん、この馬はあやしくない。こない(笑) これが来るぐらいなら、兄(クラレント)が来るでしょう。「兄よりすぐれた弟なぞいねえ!」とかのジャギさんもおっしゃってます。

 ◆傾向チェック◆
・前走・京王杯SCで8着以下……いない
・前走・マイラーズCで4着以下(GI連対馬を除く)……レッドアリオン
・前走・OP特別で3着以下……いない
・前走・ダービー卿CTで負けている……ロゴタイプ
・前走・国内戦で10着以下か10人気以下……クラレント、レッドアリオン
・重賞未勝利の古馬……フィエロ
・複数回走って東京芝未連対……フィエロ、レッドアリオン
・8歳以上馬……ダノンシャーク
・GI勝ちがない牝馬……いない
・GI連対歴のない7歳馬……クラレント、デイサイファ
・ 前走で連を外していた香港馬……いない

前走、ダービー卿CTは鬼門だったのですが、昨年モーリスが勝ってしまったので、1着ならOKにしました。なんだか同じ馬が何度も消えてます。残ったのは、ロサギガンティア、コンテントメント、サトノアラジン、モーリス、イスラボニータ、リアルスティールの6頭。

◎リアルスティール
◎サトノアラジン

 モーリスは鞍上よりも、検疫の都合上、東京競馬場での調整を余儀無くされたことが気になります。その点、リアルスティールはドバイからでもトレセンで調教できており、抜群の動き。ドバイ→安田記念は、ジャスタウェイやダイワメジャーが結果を出してもいます。サトノアラジンは距離延長が気になりますが、これも調教は動いています。モーリスは8分、9分のデキとも聞きますし、取りこぼしがありそうにも思えます。というわけで単2点で。

リアルスティールの単が5倍近くつくのは、共同通信杯以来。前走、ドバイで勝ってるのに。Fも死ぬ気で追ってくれるはず。ここでモーリス以外に先着されたら、もうリアルスティールの背にFを見ることはないでしょうし(笑) サトノアラジンはサトノだというのが不安すぎますが、前走、すごい時計で勝ってますしね。そろそろサトノがGIを勝ってもいい時期かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ナマ』 | HOME | 16年さきたま杯回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |