ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

水無月指導日記

 先週も書いたぬこ。今週もとある指導先での指導後、銀デミの下にもぐりこんでいました。先週よりもよく撮れたので再度うp。夏場も車の下だと日陰になって涼しいのかなあ。おい、にゃんた。と声をかけると寄ってきて、気安く撫でさせてくれます。ノドをなでてやるとゴロゴロいいます。うーん、癒されるなあ。時間が許せば30分ぐらい遊んでいたいところですが、次の指導もあったので、3分ほど遊んで去りました。ねこは気まぐれで、懐かないイメージがあったのですが、振り返ってみると懐くねこもいますね。個体差か?うちのしばお(柴犬)のほうが、むしろ気まぐれかもしれないし、プライド高い(笑) 

ぬこデミ


 この指導先とは別のお宅での指導でのやり取り。センター試験の過去問(国語)を宿題に出して、解説でのひとこま。

ねぶ:「饒舌った」……?

Hくん:あっ、本文の前のほうにカナをふってある場所が……コレです。

ねぶ:ナニナニ。これで「饒舌った(しゃべった)」なのか。

Hくん:そうみたいですね。

ねぶ:「特攻の拓」のセリフを思い出すなあ。あ、特攻と書いて「ブッコミ」と読みます。

Hくん:かなり無理がありますね(笑)

ねぶ:でしょ?20年前ぐらいにマガジンで連載されてた暴走族漫画だったのだが、この漫画で「不運と踊っちまった」ってセリフがあって……読んでみて?

Hくん:え?「ふうんとおどっちまった」じゃないんですか?

ねぶ:いや……これで「不運(ハードラック)と踊っちまった(ダンスっちまった)です!

Hくん:ブハハハハハハっ!

ねぶ:あて字で読ませる文章を見るとどうしてもこれが脳裏を過ぎってしまうのです。「饒舌った(しゃべった)」もこれの類だなあ……って俺は何を話しているのか(笑)

※テキトーにくだらない話も混ぜないと飽きるよなあ。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年関東オークス展望&北海道SC回顧 | HOME | あお(青・碧・蒼)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |