ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年宝塚記念展望

 上半期ももうおしまい。早いなあ。4月までは回収率100%前後で持ちこたえていたのですが、GI戦線で連敗街道をひた走り、ここまで77%。ふ、普通な結果になってしまった……ってここまでは去年と同じです。年始に珍しく好スタートを決めたのですが、GI戦線でズルズル失速。秋のGIはまあまあ当たるんですが、春のGIはダメだなあ。今年は割りと堅い決着が多かったのに、買い方がマズくて外れることが多いです。今回はたとえガミの組み合わせでも抑えますよ。消去法は去年、正しかったのでそのまんまです。去年、5頭まで絞って、5頭にラブリーデイもデニムアンドルビーも残していたのに、ゴールドシップ軸で0.5秒でがtt……もとい失敗です。

 ◆チェックポイント(連対馬)◆
・8歳以上馬……カレンミロティック、ヒットザターゲット
・混合GIでの連対のない牝馬……タッチングスピーチ、マリアライト
・重賞勝ちがない……いない
・中2ヶ月以上……ワンアンドオンリー、ラストインパクト、ドゥラメンテ、アンビシャス、ラブリーデイ、サトノクラウン
・ 前走・GIII以下で5着以下……ヤマカツエース

残ったのは、フェイムゲーム、キタサンブラック、シュヴァルグラン、ステファノス、トーホウジャッカル、サトノノブレスの6頭。実質4項目だけなのにザクザク消えてしまいました。というか春天組と鳴尾記念1,2着以外をバッサリ切ってます。いいのか、これ(笑) ただ、モーリスの例を出すまでもなく、海外遠征帰りというのは鬼門。そして、そういう馬が人気馬中心に5頭もいますから、波乱の目は十分。

  フェイムゲームは古馬になってから長丁場でしか連対していません。そもそも兄がバラゲーだしなあ。去年の春天を勝てなかった時点で、GIには届かない運命(さだめ)なのかも。トーホウジャッカルが穴人気していますが、前走が取捨に悩む内容。ただ、結局、前の2頭には振り切られて、シュヴァルグランに差されてるわけで、これを買うぐらいならカレンミロティックを買ったほうがマシと思います。カレンはこのレースで一昨年2着ですし、前走も春天2着なのにまるで人気ないし。代わりに買いたいのはアンビシャス。ちょっと間が空いているので消しましたが、遠征帰りではないし、近走を見ればGI級なのは明白。そして、届きそうで届かなかった馬がGI馬になるのが、このレースでもあります。

Bアンビシャス
Bキタサンブラック
Bシュヴァルグラン
Bステファノス
Bサトノノブレス

 馬複5頭BOX。去年の反省をした買い方に徹します。消去法で消しているし、不安要素もある断然人気のドゥラメンテは消し。ほかで残った馬を中心にしたBOX馬券で。ドゥラを消しているので、アンビシャスとキタサンという2,3人気の組み合わせでも20倍強なので余裕でプラス。アンビかキタサンがステファノスかサトノノブレスをつれてきてくれると最高なんですが……。

 買い方がヘタクソなのだから絞った上でBOX勝負がベスト。実際、単勝2,3点買いなんて女々しい買い方のときはけっこう当たっていますしね。
スポンサーサイト

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年宝塚記念回顧 | HOME | 「選挙を身近に感じる施策を」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |