ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年宝塚記念回顧

★宝塚記念予想結果★
Bアンビシャス………16着
Bキタサンブラック…3着
Bシュヴァルグラン…9着
Bステファノス………5着
Bサトノノブレス……8着

 昨年の二冠馬ドゥラメンテの帰国緒戦で注目された春のグランプリでしたが、勝ったのは牝馬・マリアライト。中団追走から外からまくって進出し、逃げねばるキタサンブラックをとらえ、猛追するドゥラメンテを振り切ってGI2勝目をあげました。スイープトウショウ以来の牝馬の勝利。クビ差2着にドゥラメンテ、さらにハナ差でキタサンブラック。3人気のアンビシャスは先行して逆噴射のブービー16着。ドゥラメンテはゴール後につまづいてジョッキー下馬。ハ行だそうです。ものすごく心配しましたが、命に関わるようなレベルではないようでほっとしました。ただ、凱旋門賞挑戦は中止だそうで。無事ならそれでいいですよ。フジテレビはセカイガー、セカイガー……は?馬の心配をしろよ。近代日本競馬の至宝と言える血統の二冠馬だぞ。

 マリアライトは牝馬ですが、兄クリソライト、弟リアファルがそうであるように明らかにパワーが勝ったタイプ。やや重馬場は向きそうでしたし、牡馬相手でも善戦を続けていたので、ここも掲示板ぐらいはあるなとは思っていたのですが、まさか勝ちきるとまでは思いませんでした。目黒記念組がここであまり結果を出していなかったということもあります。強いのは分かっていましたが、想像以上に強い。パワフル。父ディープインパクトって感じがまるでしない。いい意味で父ブライアンズタイムって感じ(笑) 父ディープで母父エルコンドルパサーという血統、蛯名騎乗という点から、この馬こそ凱旋門賞へ挑戦すればいい。そもそも宝塚記念を勝たないと凱旋門賞へは挑戦できないのです(ダビスタか) エリ女は去年勝ってますしね。

 ドゥラメンテは海外遠征帰りという点で軽視したのですが、結果的に2着に来られて馬券的には失敗。ただ、遠征帰りもありますが、かなりパドックでもうるさく発汗も目立ちました。難しい馬です。今後については先述の通りですが、去年のような底知れない強さを感じさせる内容ではなかったかもしれない。それはこの一戦ということではなく、今年の3戦を見ての感想。アンビシャスやリアルスティールに詰め寄られたり、キタサンブラックをギリギリ交わす。去年はそんなレベルじゃなかったような?昨年の骨折が微妙にパフォーマンスに影響してるのかなあ?今回、ハ行ということですが、足元が丈夫ではなさそうですし、ハイリスクを背負って海外へ行くこともないし、古馬タイトルもないのだから、秋天、JC、有馬でいいのではないでしょうか。

 キタサンブラックはあの馬場状態で1000が59.1ですからちょっと速いぐらいのペース。実際、キタサン以外の馬で前につけた馬はすべて沈没。伊達に菊と春天を勝ったわけではないというスタミナを見せてくれたと思います。中距離GIIを2つ勝っているようにスピードもありますし、前々でうまく立ち回る器用さもある。ソツのない馬。だからダービー以外で馬券を外したことがないという戦績になってるんでしょうね。4歳馬は7頭も出走した今年の宝塚記念ですが、上位に来たのはGI2勝の2頭。ほかは掲示板にも載れてない。格の違いを見せたというところでしょうか。4枠2頭ラブリーデイ、ステファノスは一瞬、おっ!という場面もありましたが、キタサンを交わせず、マリアとドゥラに交わされました。この馬場で、今の力は出したとは思います。しかし……ラブリーデイは4着前後ばかり。衰えたというか、この馬の力はきっちり出しているけど、もっと強い馬がたくさんいるというように見えてなりません。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自動車税 | HOME | 16年宝塚記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |