ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年帝王賞回顧

★帝王賞予想結果★
◎ホッコータルマエ…4着
○ノンコノユメ………2着
▲アスカノロマン……6着
△サウンドトゥルー…3着
△コパノリッキー……完勝

 ああ、軸を間違えてしまった……ノンコとタルマエのどっちにするか迷ったんですが、ノンコ2,3着っぽいけど1人気だし、タルマエのこの人気はおいしいんじゃね?とタルマエから入って失敗。3着でいい!粘れ!粘れ!と、昨日の指導後の中華料理屋の中で、スマホに向かって念じてましたが、サウンドトゥルーに差されて4着。ぐあっ!追い込んでくるノンコノユメ、サウンドトゥルーを尻目に、余裕の独走を決めたのはコパノリッキー。かしわ記念に続いてのJpnI連勝、JpnI7勝目を挙げました。地方馬最先着はユーロビートの5着。去年と同じで着拾いという感じですが、それできっちり着を拾えるあたりは、微妙な中央JpnIII馬よりは上と思います。マイネルバイカだのストロングサウザーあたりよりは。

 コパノリッキーはハナを取れず、タルマエにマークされるような形はどうなのか?と思ったのですが、1000が62秒台と案外遅く、それが終いの伸びにつながったのかもしれません。4角先頭の馬が上がり最速では他馬が届くわけもない。前走に続いて状態も良かったのでしょう。本質的にはマイラーだと今も思ってはいますが、自分のペースを崩されなければ1600でも2000でもさほど変わらないんでしょうね。実際、JBCクラシックを連覇しているわけで。ムラがありますが、3歳時から6歳に至るまで一線級。ゴールドアリュールは絶え間なくダートの王者を送り続けますね。秋は米国・BCマイルかBCクラシックだそうです。正直、勝てるとは思えませんが、ラニぐらいの活躍は期待したい。

 ノンコノユメとサウンドトゥルーは追い込んできましたが、コパノリッキーの上がりが最速なので、2番手のホッコータルマエを捕まえただけ。これまでがそうであったように、強い逃げ・先行馬がいると、前崩れにならない限り2,3着を繰り返しそうな感じがします。そして、チャンピオンズC、かしわ記念、帝王賞の結果がそうであるように、サウンドよりはノンコのほうが切れ味が上。距離の融通もノンコのほうが利きそう。そして年齢もノンコが2つ下。次代のダート界を担うのはノンコだとは思うんですが、どこかで前づけを試して欲しい気もします。末脚一手では、JpnIタイトルはそうそう積み上げられないような。サウンドトゥルーはノンコに勝る点がちょっとない(笑)

 ホッコータルマエは調教で動いていたし、海外遠征明けだから負けたわけではないでしょう。休み明けという点は多少あったのかもしれませんが、それでも昨日の展開ならコパノリッキーを潰せるのがこれまでのタルマエだったと思うのですが、潰すどころか突き放されました。元来、叩き良化型であるので、これで見限るのは尚早とは思います。ただ……一昨年のJBCクラシックで状態最悪でも4着だったのを思うと、次も3,4着では世代交代か?と思われても仕方がない。次がどこかわかりませんが正念場になりそう。クリソライトは果敢に逃げたのはいいですが、パッタリと止まってしまいました。大したペースでもなかったんですがね……。

 アスカノロマンもこれがJpnIのカベなんでしょうか。勝負に行ったからともいえますが、ユーロビートに差されてしまうようでは、まだまだJpnI馬になるのは遠そう。勝馬からは3.2秒も離されてますしね。地方の砂があまり合わないのかなあ。アムールブリエは勝ち負けできないと思ってはいました。オッズもそれを示しています。ただ、ブービー?南関B級クラスのナリチュウドラゴンとやらにちぎられて、後ろにリワードレブロンしかいないのはどうなのか(笑) 牡馬相手の上、現状では最強クラスの面子ということもありますが、展望で書いたように大井は合ってないように思います。逆を言えばここで大惨敗して人気を落としてくれれば次がおいしいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『子どもサロン』 | HOME | 16年帝王賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |