ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年スパーキングレディC回顧

★スパーキングレディーC購入結果★
◎ヴィータアレグリア…4着
○ホワイトフーガ………完勝
▲タイニーダンサー……3着

 たったの10頭立ての真夏の牝馬ダート重賞・すぱn……スパーキングレディCが川崎で行われました。中央馬は3頭のみ。事実上、この3頭とダートG実績のあるブルーチッパーの4頭立て。この4頭だけ単勝10倍以下で、他は単が10……じゃなかった100倍以上(笑) 実際、人気上位4頭が4頭までを占めました。勝ったのは、昨年のJBCレディス勝ち馬のホワイトフーガ。JpnI馬なので58kgを背負わされましたが、それでもにげるブルーチッパーをラクに交わすと2馬身差の完勝。2着に粘ったブルーチッパーが地方馬の意地を見せました。3着に3歳馬タイニーダンサー。俺が本命にしたヴィータアレグリアはブルーチッパーを追いかけるどころか、タイニーダンサーに置いていかれ、挙句、南関B級でもロクに馬券にならないクラカルメンとハナ差。これはヒドい(笑)

 距離不適とは言え、前走のさきたま杯で見せ場なく5着に沈んだ女王ホワイトフーガ。58kgを背負ってようが、この面子で負けたら今後が危ぶまれましたが、にげるブルーチッパーをガッチリとマークする形。3角で一気にブルーチッパーを交わしてそのまま押し切りました。終わってみればホワイトフーガの格が違ったということでしょうか。今年のJBCは川崎開催なのはこの馬には良さそう。既に関東オークス圧勝していますが、3歳限定戦ですし、1年前の話。おそらく陣営はJBCをにらんでここを試しかったのでしょうね。ただ、牡馬相手に重賞で好走していませんし、ラヴェリータ、ミラクルレジェンド、サンビスタ級というよりはメーデイアぐらいの強さのような気がします。

1000が61.0とそれなりに流れましたし、3角で早々と勝馬に交わされたブルーチッパーでしたが、2馬身差を取られてから、垂れるどころか勝馬との差は詰まらないけど、開きもせずにそのまま2着に粘りこみました。後続はちぎれてしまった。早いか遅いかは関係ない。マイペースで気分よく走れれば粘り強さが活きるようです。今後も牝馬ダートGでは侮れない存在となりそう。侮ったせいで俺の馬券はまるでゴミクズのようです(笑) タイニーダンサーは中2週と間隔が詰まっていましたし、初の古馬戦。ホワイトフーガだって初の古馬戦では離れた3着でしたし、現状はこんなものでしょうか。やはり地方の砂は合う。ただ、4着馬はだらしなかったし、5着以下は重賞ってレベルじゃないですし、次がタイニーダンサーの試金石か。

ヴィータアレグリアは中3ヶ月とやや間が空いたのと、それにも関わらず-10kgと減っていたのが響いたのかもしれません。一般論ですが休み明けは少し増えているぐらいでよいと思いますし、自然でもあると思います。着順こそ4着ですがバッタリと止まったと言っていい。上がりはビリの馬の次に遅く(41.2)、勝馬には2.3秒もちぎられてます。前走はブルーチッパーをねじふせたのになあ。ヴィータにはガッカリさせられましたが、女王ホワイトフーガを差し置いて、ヴィータを本命で買った自分自身にもガッカリしました(笑) 
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<帰ってきた男 | HOME | 07/03のツイートまとめ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |