ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年マーキュリーC回顧

★マーキュリーC購入結果★
◎ユーロビート…………4着
○ストロングサウザー…優勝
▲マイネルバイカ………3着
△ケイアイレオーネ……8着
△ソリタリーキング……7着
△クラージュドール……6着

 夏の中央競馬は例年サッパリ当たらないので、先週の中央競馬はお休み。実際、函館記念の2着なんて俺には買えなかったので良かった。満を持してマーキュリーCを取るぞ!と意気込んで……はいません(笑) それは展望を書いていないことからも明らかです。昨日はオヤジのアシで往復270kmのドライブをさせられたし、今日は高校野球青森県大会のほうが気になっていたので、マーキュリーCはなんとなく買って、なんとなく負けました。考えたからといって馬券が当たるってわけでもないけど、考えないと楽しんでいるとも言えないし、ここもケンで良かったかもしれません。交流重賞とは思えないようなオッズでしたしね。中央馬に人気を集めるような馬もおらず、南関勢がなかなか気合いの入った面子だっただけに人気が割れていましたから。

 そんな混戦のマーキュリーCでしたが、勝ったのはストロングサウザー。道中は好位で足をため、直線では内からスルスルと抜け出して2馬身差の完勝。佐賀記念以来の重賞2勝目をあげました。馬の状態も良かったのでしょうし、田辺騎手の好騎乗が光りました。でも今後、JpnI路線へ……という馬ではなさそうに思います。むしろ、エーシンモアオバーやシビルウォーのような地方JpnII,JpnIIIの常連化しそう。それは3着のマイネルバイカも同様。ただ、ストロングサウザーに交わされたのはともかく、追って味があるわけでもないタイムズアローに交わされたのはどうなんですかね。まあ、マイネルバイカ以外も南関重賞の善戦マン・タイムズアローに先着されるってのは?あまり評価できるレースではないかもしれません。

 このぐらいの面子なら、ユーロビートが昨年の再現をしてくれる!と期待したのですが、行きっぷりも良くないのか、なにやら仕掛けも遅いように感じましたし、結果、外外を回されて、ジリジリ伸びての4着と去年とは程遠い内容。去年と今年では勝ち時計が5秒も違うので、時計的な限界なんですかね?そうなるとタイムズアローの評価がわからなくなってくるのですが(笑)ケイアイレオーネは前走の圧勝を鵜呑みにするのは危険と思ったので、ヒモにしかしていません。左回りがまるでダメというわけではないですが、右回りのほうが明らかに好成績。それは中央時代も南関移籍後も。力的にはここでこれほど負ける馬じゃないと思いますが、交流重賞では適鞍が少ないかもしれません。ソリタリーキングやグランドシチーは、お仲間が次々と引退しましたし、そろそろ潮時じゃないかなあ。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<八戸遠征と高校野球 | HOME | 『ロンリー』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |