ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『九時半の男』

『九時半の男』

学生時代、バイトを終えて

行きつけのトンカツ屋で

ちょっと遅い夕食をとる

僕は身長184cmの大男だけれど

頼むのはいつもレディースセット

それが一番安いメニューだから

ご飯もキャベツもお代わりだ

お代わりしてもタダだったから



わけあって、一年半も間を空けて

そのトンカツ屋をたずねてみたら

「久しぶりだなぁ、九時半の男」

なんて威勢のいいオヤジさんの声

どうも毎回、野球中継の終わる頃に

僕はお店に来ていたらしかった

しかし、一年半も間が空いたのに

覚えていてくれていたのが嬉しかった



それからさらに十年あまり経ち

僕が住んでいるのは横浜ではなく青森

通うのはトンカツ屋ではなく中華料理店

頼むのはレディースセットでもなく

辛めにしてもらった麻婆飯の大盛

変わらないのは閉店間際の入店時間

昔も今も変わらず僕は「九時半の男」



2016年7月21日作
2016年8月3日加筆修正
2016年8月14日ラジオNIKKEI『私の書いたのポエム』放送分
スポンサーサイト

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年クラスターC回顧 | HOME | 16年ブリーダーズGC回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |