ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年クラスターC回顧

★クラスターC購入結果★
◎ダノンレジェンド…完勝
○ブルドッグボス……2着
▲マキャヴィティ……4着
△ワイドエクセレント10着

 JpnI馬でもないのに60kgという重い斤量を背負わされた昨年の勝馬・ダノンレジェンドでしたが、レコードに0.2差という好タイムで完勝。他馬と6,7kgもの斤量差がありましたが、格の違いを見せ付けて、クラスターC連覇達成。斤量差もあってか1人気に推されたブルドッグボスが2着。3着に地元岩手のラブバレットが昨年に続いての3着。1,3着馬は去年と同じ。他の中央馬ですが、マキャヴィティ4着、フォーエバーモア6着、ワイドエクセレント10着でした。

ワイドエクセレントは4角でいい位置。3着あるか?と思わせてくれましたが、そこから失速……。△をワイドエクセレントにするか、ラブバレットにするかで迷ったのですが、ラブバレットが前年以上の結果になるかなあと思って、ワイドエクセレントを買ってしまったのですが、去年の3着馬を素直に抑えるべきだった。というか。3単勝負で良かったのですが、◎○で1,2着を固定して、3着に3頭並べれば良かったんだな……今に始まったことじゃないけれど、交流重賞は買い方が難しい。

 盛岡は開催によって時計が変わりやすいようですが、ダノンレジェンドは60kg(去年から+4kg)を背負って、1分09秒1のタイムはすさまじい。絶対能力が今回のメンバーでは違っている。450kg前後と決して馬格のある馬ではないですが、斤量負けしないタイプなのか。これで重賞8勝目。あとは昨年、取り損ねたJpnI・JBCスプリントのタイトル奪取のみ。今年は川崎1400ですが、1400でも、様々な競馬場でも、ナイターにも慣れているし、順当なら秋の大一番もこの馬でしょう。

 繰り返し書いていますが、ダノンは60kg。ということで、一番人気はブルドッグボスだったわけですが、逆転があるならブルドッグ。でも、半信半疑でした。他馬の逆転は無理と踏んで、1着は◎○だけにしました。東京スプリントで、ダノンは出遅れたにも関わらず、ブルドッグは差されて4着(ダノンは3着)でしたからね。ブルドッグは現状では賞金面でJBCは無理でしょうし、まずはタイトルが一つほしいところ。オーバルSPへ向かって、ソルテと対決してくれんかな?

 地の利があるとはいえ、ラブバレットにも完全に先着された中央馬は論外。もちろんラブバレットは遠征しての笠松GPでサトノタイガーに完勝するような馬なので、地方馬のスプリンターとしては屈指の存在ですが、グレードレース勝馬ではないですしね。マキャヴィティ、ワイドエクセレントは休み明けが良くなかったのかな。フォーエバーモアが4人気でしたが、マリーンCで3.0差5着では通用しないと見ていました。元が芝の重賞馬ですし、地方のダートはあまり合わないのかも?
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フィット・アリア | HOME | 『九時半の男』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |