ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『120%の完成』

『120%の完成』

料理を作り上げたら、ひとまずは完成

でも、食べてくれる誰かがいなければ

作り上げた「料理」を喜べるだろうか

自分で食べても、なんだか味気がない



やり場のない想いをつづったり

ささやかな喜びをつづったり

でも、宛名のない手紙のように

漂うだけではちょっと切なくて



スポーツなら観客が、小売なら消費者が

届ける相手がいてこそ成り立っている

たぶん詩も同じなのかもしれない



だから、あなたに「ありがとう」

たった今、あなたに届いたことで

この詩は120%の完成となりました



2016年8月17日作
2016年8月21日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

スポンサーサイト

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年札幌記念回顧 | HOME | 16年サマーチャンピオン簡易回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |