ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年札幌記念回顧

☆札幌記念購入結果☆
◎モーリス……………2着
☆ヤマカツエース……5着
☆レインボーライン…3着
☆ネオリアリズム……完勝

 ここ最近の重賞と同様で、展望を書かず(書けず)、MIXIのつぶやきに書いただけですが、モーリスからヌーヴォレコルト以外の人気上位馬へ馬複で流しただけの馬券です。結果論ですが、3複を買っていればもっと良かった……けれど、これでも馬複1330円もついてくれたので、先週のクラスターCと黒潮盃の負けを奪還成功です。俺は小銭を掠め取っただけですが、WIN5では4億馬券が出たそうです。うらやましい話ではありますが、既に国税がウォーミングアップしていると思われます(笑) 俺も国税に狙われそうな配当を取りたいものですが、どうもずーっと無縁で終わりそう。良かった良かった……のか?しかし、波乱のWIN5を取る人は今日だけでも何点買いだったのか?ちょっと気になるところではあります。

 レースですが、近走では差しての競馬ばかりですし、1度も逃げのなかったネオリアリズムが果敢にハナを奪って、そのまま後続の追撃を振り切って完勝。重賞初制覇。さすがルメールとしか言いようがない。小回りでこの馬場、しかも競りかけられることもなかった。これで札幌では3戦3勝。ルメール騎乗でも3戦3勝。鞍上と手が合っているのでしょうし、こういう馬場も合っているんでしょう。また、母トキオリアリティーにとってはアイルラヴァゲイン、リアルインパクトに続いて3頭目の重賞馬。タイプがみな違っています。ネオリアリズムは33秒台の上がりで勝ったこともありますが、上がりがかかった時のほうが結果は出ている。今後、安定して活躍するというよりは、ハマったときに一発があるというタイプか?

 圧倒的人気に推されたモーリスでしたが、中団から差を詰めるも2着確保が精一杯。逃げ馬にはまるで届かず、後続の追撃は何とか振り切った内容は、条件は違えど安田記念の内容とそっくりでした。小回りで、馬場もやや重だったので、取りこぼしもあるかとは思っていました(だから馬複勝負) 今回をもって2000はダメとはとても言えませんが、やはりベストはマイルだろうと思います。できれば毎日王冠を使ってくれると馬券購入者的にはありがたい。でも、使わないだろうなあ。使わないからこそ、今回ここを使ってきたんだろうと思えますし。秋天、マイルCS、香港マイルでおしまいか。秋天でも人気の一角になるのは必至ですが、2000はこなせるだけとみて、軽視したいと現時点では思ってます。

 ただ一頭の3歳馬レインボーラインがよく伸びてきて、モーリスとクビ差まで詰め寄っての3着。この馬も勝馬と同じで馬場が合っていたと思います。この馬も33秒台の上がりは3度出していますが、そのときは連対できていない。連対時は34、35秒台の上がりのとき。渋るのではなく、ハイペースの消耗戦でもいいとは思うのですが、瞬発力勝負では分が悪そう。ただ、アーリントンC勝ち、NHKマイルC3着の実績の馬が、ここでこれだけやれたのは適性もありますが、馬自体の成長分がかなりありそう。昨日も+10kgでした。次はどこを使ってくるんでしょう。できれば菊を使ってみてほしい。逆にヌーヴォレコルトは4着ではありますが、正直、見せ場に乏しかったし、昨秋まで見せていた迫力が影を潜めてしまった感じ。吉田隼人騎手の騎乗がマズかったとは思いませんが、手が合っているのはやはり岩田騎手のように思えます。岩田騎手が制裁……精彩を欠いていても、岩田で見てみたい。

 終わってみれば外国人騎手の1,2と同時に堀厩舎の1,2でした。堀厩舎は北九州記念もバクシンテイオーで制しました。厩舎の勢いもあるのかな。バクシンテイオーは小倉の1200であんな位置から追い込んでくるとは……。完全に人気のベルカントの勝ちパターンだったと思うのですが。
 
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<代車の代車 | HOME | 『120%の完成』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |