ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年セントウルS回顧

★セントウルS購入結果★
◎ネロ
◎エイシンブルズアイ
◎アットウィル

 セントウルSも京成杯AHも1人気がしばらく勝ってないレースだったので、1人気を外した単で勝負したのですが、終わってみればどちらも1人気が勝利。これでは当たるはずもない。ロードクエストはともかく、ビッグアーサーは春のスプリント王ですし、他にGI馬は老いたスノードラゴンしかいないし、順当勝ちだったか。好位から2人気のネロほかが追いかけますが、坂を登ったところで差を詰めるのが精一杯。着差は1馬身差ですが、圧勝と言っていい内容。スピードの絶対値が違うんだな……。3,4,5着も前目の馬で、開幕週らしい前残り決着でした。

 ビッグアーサーにとっては無様な競馬はできないけれど、必勝が義務付けられたレースではなかった。でも、この結果。OP入り後、ちょっと勝ちきれない時期もありましたが、サクラバクシンオー産駒らしく、ここにきて更なる成長をしているのかもしれません。もともとデビューが遅く、年齢の割には使われていない馬でしたしね。中山コースの経験はないけれど、阪神で4戦3勝。1敗も1400の阪神Cでの3着だけに、中山1200も問題なさそう。不安があるなら、それは本番が重や不良のときでしょうか。やや重もこなしてはいますが、スピードが武器の馬だけに、馬場が重くなるのはプラスではなさそう。本番が良馬場なら逆らえない。

 ネロはこの馬らしい競馬をしたとは思いますが、単純に勝馬との力差を見せ付けられた形。中2ヶ月おきで使われているので、本番に向けても疲れはないと思いますが、勝馬が休み明けで、叩いて上積みもありそうなだけに、本番では差が開きそう。勝機がいくらかでも増すとすれば馬場が渋ったときでしょうか。ラヴァーズポイントはよく伸びてきました。このレースは夏場走っていた牝馬が強いですから、連穴はありうるとは見ていました。ただ、そういう馬は本番では厳しい。今回、頑張りましたが、平坦コースのほうが実績豊富ですし、斤量差もなくなるし。負けた馬では春にオーシャンSを勝っているエイシンブルズアイをもう一回、本番でも買いたい。人気がた落ちになりそうですしね(笑)

 京成杯AHはケンでしたが、それで正解でした。今日の重賞で1人気馬を買う気はさらさらなかったので(ダメだろう) ロードクエストは中山重賞で勝ちきれていなかったし、初の古馬戦。これじゃアタマなんて……と思ったら、池添らしい外ぶん回しでも差しきってしまった。2着カフェブリリアントが戸崎らしいロスない競馬をしていたのに。中山で勝ちきれなかったのは単純に1800以上はやや長いってことだったんでしょうね。この時期に古馬重賞を勝つんだから大したものです。逆に今日負けた馬は、今後もロードクエストに対して分が悪そう。父マツリダゴッホはサンデーサイレンスの最後のGI馬。サンデー直子としては若いです。普通に考えれば、サンデー直子の種牡馬が徐々に減っていきますから、マツリダゴッホの需要は増していくかもしれません。それはロードクエストら、マツリダゴッホの子らの活躍にかかってもいるのですが。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年オーバルSP展望 | HOME | 『ダイスマン-誰もが多面体-』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |