ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年オーバルSP展望

 久々の重賞展望です。夏競馬は馬券を買い控えていたのと、気力がなかったもので。秋競馬に入ったので、交流重賞を中心に、また展望を書いていこうと思います。で、今週は浦和競馬場のオーバルスプリント。地方競馬ファンの期待を背負って、ソルテの秋緒戦です。大目標のJBCスプリント制覇のためには、ここでつまづくわけにはいきません。例年通り、中央の実績馬は東京盃や南部盃へ向かうようですしね。

 消去法を考えましたが、過去5年とケースが少ないので省略。ただ、交流重賞となった2011年以降、1人気は未勝利、2,3着も一回ずつ。4人気3勝、2人気2勝。極端な波乱にはなっていませんが、有力馬の中で微妙な組み合わせで決着することが多いです。また、去年、一昨年は中央の1,2,3フィニッシュでしたが、その前の3年間は地方馬が少なくとも1頭馬券になっています。

 あとは出走例も多くないのでしょうが、4歳馬の連対はなく、3着1度だけ(2012年デュアルスウォード) 5,6,7,8歳馬は万遍なく馬券に絡んでいます。地方他地区馬は一切馬券に絡んでいません。南関馬は移籍緒戦だったトーセンアレス以外の3頭は近走に南関重賞で2着以上がありました。当たり前ですが、南関重賞で通用していない馬がここで通用する道理もありません。

 となると他地区馬であるアドマイヤロイヤル(もう9歳)、タッチデュール(出るだけ)、ナムラビクター(出がらし)はノーチャンス。南関馬もタマモホルン、トキノエクセレントは消し。ただ、リアライズリンクスは昨年のこのレースで大敗しています。前に行けないとモロい馬なのに、テンが遅いのでハナに立てるかどうか。地方馬はもちろんソルテ。あとは穴でレガルスイでしょうか。この面子なら人気はなさそう。

 サマーチャンピオン組は実績ありますし、圧勝したグレイスフルリープは消せない。ニシケンモノノフは4走前にこれを破っていますし、もともと道営馬で、黒船盃2着で地方実績豊富かつ近走安定で消す要素はない。レーザーバレットは去年の勝馬で戸崎騎乗、ただし近走不振。スーサンジョイは勢いありますが、地方は初、しかも7ヶ月の休み明け。というわけで前日売りでこの2頭は不人気。

 買い方が難しいと思ったのですが、逆に考えてみよう。人気3頭で決まるかといえばそうでもないような気がします。というわけで、敢えてスーサンジョイとレーザーバレットから人気3頭への3複。3単でもいいのですが、買い目も増えるので3複で。6点買いですが、人気薄から入ってるのでガミはなさそう。あくまでも中央馬から入ってはいるので、高目についても20倍つくかどうかでしょうがコレで。

◎レーザーバレット
◎スーサンジョイ
△そるて
△ニシケンモノノフ
△グレイスフルリープ
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年オーバルSP回顧 | HOME | 16年セントウルS回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |