ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年オーバルSP回顧

★オーバルSP予想結果★
◎5.レーザーバレット……優勝
◎8.スーサンジョイ………11着
※10.ソルテ…………………2着
※9.ニシケンモノノフ……4着
※2.グレイスフルリープ…7着

 好位追走の5人気レーザーバレットが、逃げねばる1人気・大井のソルテを計ったように差しきって兵庫GT以来の重賞制覇、このレース連覇を飾りました。3着はソルテと雁行して逃げた船橋のレガルスイ。2人気ニシケンモノノフは伸びずバテずなだれ込んだだけの4着。グレイスフルリープは出負けが響いたか、中団ままの7着大敗。スーサンジョイは中団からズルズル後退してブービー11着の大惨敗でした。人気3頭では決まらないとは思っていましたし、穴でレガルスイとも書いていただけに、荒れた馬券となりましたが、まったく取れない馬券かといえばそうでもなかった。飛ぶのはソルテではなく、ニシケンかグレイス(結果、両方飛んだが)と踏んでいたので、3複を買うなら、10-5,8-2,9,12のような買い方ができていれば……悔しいです。

 レーザーバレットは戸崎に手が戻って、昨年勝っているレース。絶好のねらい目だったと思います。アタマまで突き抜けるとは思いませんでしたが。やはり前年の勝馬は、故障明けだのよほどの理由がなければ抑える必要があります。だから、レーザーから入ったのですが……ううむ。馬の適性もあるでしょうが、浦和もクセのあるコースですし、騎手の経験がモノを言った感じもあります。吉原も乗り慣れているでしょうが、戸崎ほどではない。今後、レーザーバレットがJpnIでどうこうとは言えませんが、昨日がそうであったように好走歴のある条件では常に警戒が必要。兵庫GTなどは言うまでもありません。スーサンジョイが大惨敗で、レーザーバレットが勝つあたり、地方は人馬の経験がより強く出るように感じます。

 ソルテは休み明けで、中央馬より2,3kg多く背負っていることを考えればまずまずの内容だったと思います。時計も標準的……というか前走のさきたま杯とまったく同じです(笑) 連の相手になった馬……ではなく人はいずれも戸崎。対ソルテで斤量が2kg重いベストウォーリアでは差しきれないが、逆に2kg軽いレーザーバレットなら差しきれる。このあたりも興味深い。次は川崎JBCスプリント。怖いのは馬ではなく、戸崎だと思います。人馬の経験が重要。そういう意味では、ダノンレジェンドやコーリンベリーは今年はどうですかね。川崎より大井、1400より1200のほうが良さそうなだけに。ソルテ&吉原の強敵は戸崎と思います。あとはウチパクさんが穴っぽい馬、それこそレガルスイにでも乗ってこられると非常に不気味。

 岩田はどうしてしまったんだろう。中央重賞勝ちは昨年の小倉2歳Sのシュウジを最後にありません。交流重賞を含めても昨年のレディスプレリュードのサンビスタが最後。いずれにしてもこの1年ほどで重賞数十連敗中。スランプ中のF氏だってここまでヒドくないぞ。なんだか乗り方が消極的な感じがします。荒っぽくなくていいのですが、ニシケンモノノフも前の2頭に並びかける勢いで良かった。それで垂れたなら諦めもつく。そう、岩田の騎乗は負けたとしても、馬券を買ったファンを納得させてくれることが多かったのに、最近は全然です。あんな負け方ならかつての主戦だった中谷でよかった。立ち直るまでは、岩田を軸に買うのはむずかしい。グレイスフルリープは出負けが響いたと思いますが、戸崎にくっついていくのは無理だったのかな。結果、負けたとしても。スーサンジョイは休み明けで状態が本物じゃなかった……にしても、タッチデュールと3/4差ブービーって。次走一変とはとても思えない。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年ローズS&セントライト記念展望 | HOME | 16年オーバルSP展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |