ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年レディスプレリュード展望

 秋競馬が始まり、芝だけではなく、砂も大一番へ向けての前哨戦が続々行われます。今週は大井で、レディスプレリュードと東京盃があります。ただ、今年のJBCは川崎開催だけに大井1800、大井1200の結果が直結するとは言えないので、本番が難しいですし、馬券的には面白いとも言えます。まずはレディスプレリュードの展望。過去5年の結果から振り返ります。

 地方馬の連対はなく、3着も初年度のエーシンクールディのみ。東海・近畿・北陸の地方重賞でぶっちぎりまくりで、JpnIIIサマーチャンピオン4着の馬でやっと3着。これぐらいの実績は最低限必要。無論、数合わせに出てきたような馬が食い込む余地は皆無です。ブルーチッパーはこの条件をクリアしている。ただ、右回りより左回り、1800より1600という感じはします。遜色ない実力のララベルのほうがコースは合っている。ただし、こちらは休み明け。ホワイトフーガ以外の中央馬が微妙ですが果たして?

 勝馬は既に重賞をいくつも勝っている馬で、大井コースの連対歴があり、1,2人気以内。勝つべき馬が勝つべくして勝っている印象。2着も中央馬で実績上位馬がいればそれで良さそうですが、2013年のアクティビューティのように、人気の盲点になっている馬が食い込むこともありますし、必ずしも重賞馬である必要はない。ただし、中央準OP勝ち以上は必須。格上挑戦の馬が食い込む余地はない。

 アムールブリエが門別・ブリーダーズGCに回ったので、ここは昨年のJBCレディス馬・ホワイトフーガが圧倒的な人気を集めるのは必至。匹敵する実績馬はここにはいない。JpnI馬なので他馬より2kg背負わされますが、2kgどころか3kgも4kgもあげても、前走でブルーチッパー、タイニーダンサーらをちぎっており、今回はむしろ斤量差は詰まっています。タマモブリュネットも年始に完敗していますし、不気味なのは前走で準OP勝ちで戸崎騎乗のサンソヴールでしょうか。

◎ホワイトフーガ
○サンソヴール
▲ブルーチッパー
△ララベル
△タイニーダンサー
△タマモブリュネット

 馬券は◎○2軸3複で金額に強弱つけて、ですかね。タイニーダンサーは実際にホワイトフーガとブルーチッパーにちぎられてますし、現状、古馬の一線級とは差があるように思います。タマモブリュネットはやっと1000万勝ち。ホワイトフーガとの力関係は年始と何も変わっていないでしょう。むしろ地の利があるララベル、ブルーチッパーのほうが妙味もある。
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ココロの天気』 | HOME | 16年ローズS&セントライト記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |