ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『みたいに』

『みたいに』

あの人みたいに書けたらいいな

なんて思うことがよくあります

でも、実際に書き出してみると

それはやっぱりわたしの言葉で

あの人みたいじゃ全然なくて

ちょっぴり寂しかったりします



そんなわたしの言葉も知らない誰かに

あの人みたいに書いてみたい

そんな風に思ってもらえているのかな?

そうだとすれば、最高にうれしいけれど



わたしはわたし

あの人はあの人

誰かは誰か

みんながみんなの言葉を持っている

みんながみんなの言葉を待っている



2009年3月18日作
2016年9月20日加筆修正
2016年9月25日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

【あとがき】
以前に書いた作品ですが
今でもこんな想いをたまに感じます。
本を読んでいても
歌を聴いていても
この番組を聴いていても
私の言葉には私のクセがあって
やっぱり私の言葉にしかならない。
良し悪しとはまた違うのでしょうが。
スポンサーサイト

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年神戸新聞杯&オールカマー回顧 | HOME | Mr.Children『虹』ツアー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |