ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年日本テレビ盃展望

 明日の船橋競馬場では、JBCクラシックの前哨戦・JpnII日本テレビ盃が行われます。JpnIIで別定戦なので、GI(JpnI)馬が毎年何頭か出てきます。今年だとモーニン、ハッピースプリントがそうです。ただ、どちらも1人気ではなさそうですが。過去10年の連対馬で地方馬は、ボンネビルレコードとフリオーソだけ。どちらも既にJpnI勝ちがあり、中央と比べても、実績、人気ともに上位でした。もっと前にさかのぼっても、アジュディミツオー、ナイキアディライト、マキバスナイパー……ナイキ以外はJpnI馬ですし、ナイキにしても南関二冠馬で、交流重賞勝ちがあった。ハッピースプリント以外の地方馬は、それだけの実績がない。甘くみても前走マーキュリーC2着のタイムズアローまでか。

 連対馬はこの11年(07年は馬インフルで南関限定重賞)1,2,3人気馬だけ。3着に4人気馬が2回。5人気以下はまったく馬券になっていない。その2007年だけ馬複1340円ですが、他は3ケタ配当。3複でも同様の傾向。というか3複のほうが低配当のことがしばしばあります。鉄板どころか、ダイヤモンド板レース(なんだそりゃw) こないだの東京盃やレディスプレリュード、オーバルスプリントがそうであったように、不人気な中央馬の激走でいい配当になるというケースも意外と多い交流重賞ですが、このレースはそれもない。地方馬に人気で落ちる中央馬は人気に応じた結果にしかならない。あとは5,6歳馬が強く、3歳馬は出走例も少ないですがきていません。8歳馬も1連対のみとさすがに厳しそう。

 船橋1800はクセのないコースと思いますが、実際には枠順にかなりの偏りがあります。この10年で、5枠1勝、6,7,8枠が3勝ずつ。4枠より内は未勝利。かつ1,2枠は連対がないし、1枠は3着内もない。内枠不利、外枠有利と明確な傾向が出ています。内枠は不人気馬しかいなかったのでは?と思ったので、確認しました。06年レマーズガール(2枠、2人気、3着)、10年スマートファルコン(2枠、3人気、3着)、11年ピイラニハイウェイ(1枠、4人気、4着)、14年グラッツィア(2枠、4人気、3着)、15年サミットストーン(2枠、4人気、5着)。断然人気が飛んだりしていれば分かりやすかったのですが、そういう例はなかった。良くも悪くも人気なりでした。

 この傾向に基づけば、4,5人気であろう2枠のハッピースプリントは結果も4,5着でしょうし、スリータイタンやモーニンもあまりいい枠ではない。1人気であろうアウォーディーは7枠と好枠です。サウンドトゥルーも同様。

◎アウォーディー
○サウンドトゥルー
▲モーニン
△ハッピースプリント

 激烈に堅いレース傾向なので、手を広げることはできない。1人気(のはず)のアウォーディーで鉄板。サウンドトゥルー、モーニンから2kgもらいですし、交流重賞では絶好調のユタカさん。逆らうのは無謀。相手も2,3人気の2頭しかない。多少なりとも波乱があるのなら、4人気であろうハッピースプリントがモーニンを交わして3着。これ以外ありえない。スリータイタンとかいう中央馬は、準OPも勝てない馬で格下すぎるし、鞍上もF。激走が想像できないので、普通に5,6着まででしょう。馬券は3単◎→○=▲か馬単◎→○▲で十中八九OKでしょう。万全を期せば、3単は強弱をつけて◎→○▲→○▲△か。まあ、ケンでもいいと思うんですけどね(笑)
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年日本テレビ盃回顧 | HOME | 16年神戸新聞杯&オールカマー回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |