ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年日本テレビ盃回顧

☆日本テレビ盃予想結果☆
◎アウォーディー……優勝
○サウンドトゥルー…3着
▲モーニン…………2着
△ハッピースプリント6着

 終わってみれば、今年も過去の傾向そのまんまの決着でした。3連単ですら760円と1000円にもなりません。ただ、◎―○=▲を厚く買ったので問題なし。威張れる配当でもないですが、取るべきレース、馬券をキチっと取れたことには満足しています。まあ、直線はヒヤヒヤしましたけれど。3,4角で前を行くモーニンと並びかけたアウォーディーの手ごたえの差は歴然だったのに、直線もビッシリ叩きあい。クビの上げ下げでアウォーディーがアタマ差先着。危ない危ない(笑) 5馬身差の3着に去年の勝馬サウンドトゥルー。以下、スリータイタン、タイムズアローでした。ハッピースプリントは掲示板にも載れず6着でした。

 ユタカの談話にも「4コーナーで手応えも良かったですし、ほぼ勝てるのではと思いましたが、相手もGIホース、そして戸崎圭太騎手。しぶとかったですね」とあります。直線ではモーニンを3馬身はちぎるような手ごたえだったのに、モーニンは必死に抵抗。ただ、クビの上げ下げに定評のあるユタカなので、競り合いをモノにして、ダート5戦無敗。そして、JBCクラシックの優先出走権を獲得。この馬の賞金では優先権がないとJBCに確実に出走できる保証もなかったので、大きな一勝となりました。ただ、本番でユタカは乗るのかな?コパノリッキーがいますから。身体が2つほしいというのがユタカの本音ではないでしょうか?(笑) そりゃケイティブレイブに乗らないわけですよ。

 モーニンは改めて真価を問われる一戦でしたが、格好はつけたと思います。ここでかしわ記念の再現をしてしまったら、もう地方ダートで出る幕がなくなり、ダート馬としては出走の幅が著しく狭くなってしまうところでした。GI馬の力は見せたと思います。今回は勝馬に2kgあげていますしね。距離も馬場もメドがたちました。かしわ記念で大惨敗をかましたのは、単に本調子ではなかったのでしょうね。馬体が大幅に減っていましたから。今回は馬体を戻し、さらには鞍上に南関を知り尽くす戸崎を確保。汚名返上できました。ただし、楽観はできません。本番は今回以上のメンバーですし、さらに300mも距離が伸びますので。

 サウンドトゥルーもこの馬らしい末脚は見せていますが、いかんせん他力本願タイプの馬で、展開の助けがないと突き抜けるのは難しい。去年のこのレースなんて、コパノリッキーとクリソライトが狂気のペースで逃げて、お膳立てされた勝利でしたので。ダート戦線の層が厚くなってきたので、好走すれども勝ちきれないレースが今後も続くと思われます。残念ながら地方勢は悲しいほどの力差を見せ付けられる結果となりました。タイムズもハッピーもJpnIIIなら好走の余地もあるんでしょうが、中央のトップクラス相手ではキツい。ハッピースプリントはずっとグレードレースをつかっていましたが、マイルグランプリ→浦和記念でいいんじゃないかな。JpnIは厳しい。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なりきれなかった普通の日記 | HOME | 16年日本テレビ盃展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |