ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年白山大賞典&凱旋門賞回顧

★白山大賞典購入結果★
◎ケイティレイブ……優勝
◎モンドクラッセ………4着
※アムールブリエ………2着
※ストロングサウザー…3着

 上位人気4頭までが単10倍以下。5人気トラキチシャチョウは15倍、6人気カツゲキキトキトは68倍、他の6頭は数百倍(笑) 事実上の4頭立てで、勝負のその4頭で決しました。モンドクラッセはミルコお得意の出負け(出遅れ)炸裂。それでもハナを奪いましたが、序盤に脚を使いすぎたせいか、直線で脚が鈍り、2番手追走のケイティブレイブ、さらにはその後ろのアムールブリエ、ストロングサウザーにも交わされました。勝ったケイティブレイブは重賞2勝目。JpnIIIとしてはそれなりに骨っぽい面子で完勝したのは大きい。今後の交流ダート戦線を担う馬でしょう。地方馬最先着はカツゲキキトキトの6着。キトキトも3歳馬ですし、勝馬から2秒差、トラキチシャチョウ(古馬OP馬)から0.4差なら頑張った。

 ケイティブレイブはモンドクラッセ&ミルコがハナを取りにきたら、すんなり譲って2番手。逃げなくても結果を出せるようになったのは大きい。春先までは逃げないときは連に絡めなかったりしてましたので。それに早いうちから賞金を加算していくのも大きい。キョウエイギアはGI以外では酷量を背負わされ続けますし、ラニは地方の馬場が合うかわからない。ストロングバローズやゴールドドリームには先着しているし、賞金面で勝っている。順調に使って、賞金を加算するのはレース選択の幅を広げます。もう10月ですが武豊はまだ今年の地方ダートグレードで馬券を外していなかったはず。南関育ちの戸崎でさえ飛んだりしてるのに。地方のユタカの安定感は異常(笑)

 モンドクラッセは出負けがすべて。出負けがなければ勝ち負けまであったかも?ただ、ミルコと出負けはセットなので、騎乗が続けばこんなことは今後もあるかも。結果論ですが、前走が笠松出身の柴山だったのだから、柴山で良かった。柴山ならずっと乗り続けるでしょうしね。馬自体は地方も距離も問題なかった。アムールブリエは2着確保しましたが、牡馬相手だとこれぐらい。他牡馬が54や55kgで、アムールは57kgというのも響いたかもしれません。牝馬なのにダートのステイヤーというのは、レース選択に悩ましい。次はJBCでしょうが、クラシックかレディスか。距離が短くても川崎実績が豊富なのでやはりレディスか?ストロングサウザーはシビルウォーやソリタリーキングらの後継馬になるのが目に見える……というか既にそうなってますね。次は浦和でしょう。

 馬券は取れましたが、これではどうもならないガミらないだけマシか(笑)

★凱旋門賞予想結果★
◎レフトハンド……12着
◎マカヒキ…………14着
※ポストポンド……5着
※ファウンド………優勝
※シルバーウェーヴ4着

 JRAは4,5億円の売上を試算していたようですが、実際には41億円も売れました。笑いが止まらないでしょうね。ただ、「当年のダービー馬が出走していた凱旋門賞」だから、ここまで売れたのであって、これは当面のレコードになると思われます。「カレンミロティックが出走するメルボルンC」で売上減がどれほどで踏みとどまるのかも気になります。メルボルンCはハンデ戦だし、出走頭数がかなり多いし、豪州馬主体だし、かなり予想しづらいです。かくいう俺はたぶん買わないでしょう。当たる気がしません。

 注目のマカヒキはまずまずのスタートを切り、枠的に外外を回らざるを得なかったとはいえ、それなりのポジションを取っていました……が、直線でまったく伸びず。ロンシャンより軽いとは言え、日本よりは重い馬場で、2分23秒6なんて時計は早すぎて対応できなかったのでしょう。ジャパンCみたいな勝ち時計ですから。前哨戦を勝っているわけですし、マカヒキが非力とは思わないけれど、もっとパワフルじゃないと合わないのかも。オルフェーヴルは不良馬場のダービーでウインバリアシオン以外を9馬身以上ちぎってましたしね。規格外の三冠馬でさえ2年連続2着だったレース。マカヒキがすんなり勝てるはずもなかった。ただ、キズナやハープスターのように5着前後で格好はつけてくれるかなあと思っていたので、残念な結果。巻き返しを期待したい。

 1,2,3着はA.オブライエン厩舎かつ父Galileo。この5年の勝馬も昨年のゴールデンホーン(Danzig系)以外はSadler’s wells系。日本の芝とは異なる適性が求められるのは間違いなく、府中2400で強くても、あまりつながらない。エルコンドルパサーはマルガイの上、長期欧州遠征をして、欧州馬状態。オルフェーヴルは日本競馬史上最強クラスで規格外。ナカヤマフェスタのような馬が参考になるんじゃないでしょうか。中山や阪神の2200で強い馬(汗) 現役馬ならゴールドアクターやマリアライトは合いそうな気がします。キレる馬よりも長くいい脚を使う馬が合うようなイメージが湧いてきます。マカヒキは来年も!という話もありますが、ディーマジェスティのほうが合いそうな……?陣営も二ノ宮厩舎&蛯名騎手とたまたまですが、エルコンやナカヤマと同じだし。
 
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2016年10月函館旅行記後編 | HOME | 2016年10月函館旅行記前編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |