ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年毎日王冠展望

 夕方、指導へ向かう途中で、やたらギラギラした車がいたので、よく見てみたら、デコトラのごとくギラギラに電飾された軽トラを見かけました。あのな……(笑) こんばんは、ねぶです。今週の中央競馬は3日間開催ですし、月曜には盛岡でJpnIのMCS南部盃が行われます。当初の出走予定馬から回避馬も出ましたが、それでも例年のえ、JpnIII?みたいなメンバーではなく、JpnIらしいメンバーがそろったと思います。前日の中央競馬で資金をガッツリ作っておきたいところです。毎日王冠も京都大賞典も、近年はやや微妙なメンバーだったりしましたが、今年はGIIらしいメンバーだと思います。どちらもGI馬が複数出走していますしね。まずは毎日王冠のチェックポイントから。

◇チェックポイント◇
・重賞勝ちのない3歳馬…いない
・GI馬ではない牝馬…ルージュバック
・当年に重賞勝ちのない7歳以上馬…ヒストリカル、クラレント、ロンギングダンサー、ダノンシャーク
・当年に重賞勝ちのない12人気以下馬…ロンギングダンサー?
・前走がハンデ戦…ロンギングダンサー、マイネルミラノ
・前走がGI以外で8着以下… マイネルミラノ
・前走がOP特別…ウインフルブルーム
・ 中3週以下/半年以上…いない

 残ったのは、ステファノス、ディサイファ、アンビシャス、ロゴタイプ、ロサギガンティアの5頭。主に不人気馬を消していますが、一人気になりそうなルージュバックも消えてます。いいのかな(笑)ただ、レースぶりとは裏腹に、近走やコース、距離のタイム指数的にも低い。ケチをつける部分は多い。

 指数的に上位は、ステファノス、アンビシャス、ロゴタイプ。以下、ロサギガンティア、ダノンシャーク、ディサイファ、ルージュバックか。ステファノスは調教でも動いているようですね。人気も割れてますし、ルージュバックをぶった切ってしまえば、4頭BOXでも問題はなさそうに思えます。

 また、方々で言われていることですが、コース形態と開幕週ということが合わさって、内枠有利、外枠不利の傾向があります。フルゲートにならない年も多いですが、外枠は好ましくない。まあ、土曜の芝2000(2歳未勝利)、芝1800(1000万下)は外枠の1,2フィニッシュでしたが……。

◎ステファノス
◎アンビシャス
※ロゴタイプ
※ディサィファ

 馬券は◎◎-◎※※の馬複5点で。人気のルージュバックは過去の傾向や指数的にも推しづらい。しかも1人気ですしね。枠も外で差し馬ですしね。逆にこれでこの面子で勝ち負けなら相当に強い。普通に牡馬の実績馬を上位に見ます。

 京都大賞典の軸はキタサンブラックでいいと思いますが、単1.1倍?連軸としては信頼できる馬ですが、アタマで絶対の信頼がおけるという馬でもないような。いや、勝っても不思議じゃないけれど、単1.1倍の馬ではないと思います。一方で10頭立てですし、逆転を期待できそうな馬もラブリーデイとラストインパクトぐらいしかいないな。うーん。むしろ格下ながら勢いのあるヤマカツライデンが不気味。持ち時計あるし、池添だしね。
スポンサーサイト

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年MCS南部盃展望 | HOME | 2016年10月函館旅行記後編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |