ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年秋華賞回顧ほか

★秋華賞予想結果★
◎ミエノサクシード……8着

 正直、全然わからなかったので、消去法で残った馬から一番気になった馬の複勝で軽く買っただけでしたが、それで正解でした(ハズレたけど)。ミエノ、ビッシュと叩きあって伸びてこい!と思ったのですが、そのビッシュがまるで伸びない。ビッシュには先着しましたが8着まで。まだこれからの馬ですかね。勝ったのは紫苑S2着だったヴィブロス。ヴィルシーナの妹が、姉の雪辱を果たしました。ただ、紫苑S組を軸にはしたくなかったし、まして大舞台でイマイチ信用できない福永とあっては、なおさら買いづらかったので、連勝馬券で普通に勝負しても取れなかったろうなあ。2着も紫苑S組。しかも5着だったパールコードが巻き返してきました。紫苑S組の関西馬1,2フィニッシュ。今後は紫苑Sに遠征してきた関西馬で掲示板に載ってるような馬はアリなのかもしれません。

 人気のビッシュは馬体重が注目されましたが2kg減に踏みとどまりました。体重というより、この馬は今回が初の遠征競馬だったので、そのあたりが影響したのかもしれません。それと中山で2戦2勝しているように、急坂のあるコースのほうが向いているのかも?直線で坂のない京都は他馬が苦にしない分、相対的に不利なのかもしれません。ターコイズSだの中山牝馬Sに出てきたら、今後の戦績が悪くなったとしても、中心視したい。ジュエラーは前走大敗から巻き返してよく伸びていましたが、デムーロの談話にあるように、スムーズには行かなかった。枠順や脚質的にやむをえない面もあります。これがせめて真ん中ぐらいの枠なら、勝ち負けだったのかもなあ。カイザーバルは2つ叩かれてよくなっていました。ただ、本質的に力のいる馬場、上がりのかかる競馬のほうが向いてそう。

 昨日の2歳500万プラタナス賞を圧勝したエピカリスは北海道2歳優駿に登録しています。これはもう北海道2歳→全日本2歳は規定路線でしょうか。先々はわかりませんが、現状は図抜けていると思います。エーデルワイス賞で3連勝を決めたリエノテソーロは距離伸びてどうか不安ですしね。JBC3レースの中央の登録馬も発表されましたが、ネロの登録で、レーザーバレットが除外対象。ネロなんて芝しか走っておらず、1年近く勝ってもいない。それで、オーバルSP連覇したレーザーが除外ってのはなんか気の毒。

レディスはそんな気の毒な馬はいませんが、クラシックもモーニンが除外対象です。日本テレビ盃のハナ差は大きかった。ハナが逆ならアウォーディーが除外対象でしたので。登録しているのが、アウォーディー、クリソライト、コパノリッキー、サウンドトゥルー、ノンコノユメ、ホッコータルマエなので、これらは故障でもしない限り回避するわけがない。残念ながらモーニンは除外になりそう。いやはやダート界は層が厚すぎ。芝はなんか薄く感じるのですが。 
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神無月指導日記 | HOME | 『とろ』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |