ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年菊花賞回顧

★菊花賞予想結果★
◎ディーマジェスティ…4着
◎サトノダイヤモンド…完勝
☆ウムブルフ……………12着
☆ミッキーロケット……5着
☆カフジプリンス………8着

 春の二冠で惜敗したサトノダイヤモンドが最後の一冠を勝ち取りました。ルメールは初の日本のクラシック勝利、ディープインパクト産駒としても初の菊……というか長距離GI制覇、「サトノ」の馬主の里見さんも悲願のGI制覇と、初物尽くしとなりました。2強と目された皐月賞馬ディーマジェスティは3角、4角では並んでいましたが、直線で突き放されてしまい4着。最後に猛然と伸びたレインボーラインが2着。内をロスなく立ち回ったエアスピネルがハナ差3着でした。俺は上がり馬に期待したのですが、終わってみれば、春の時点で重賞を勝っていた馬が上位。1000万勝ち組は食い込めず。

 サトノダイヤモンドはソツのない競馬を見せましたし、叩いた上積みも大きかったようです。前走は今ひとつ……という陣営の声もありましたしね。輸送がないし、京都はこれで3戦3勝とコースも合うのでしょう。決してステイヤーというわけではないけれど、スタミナの鬼のような馬は近年まれですし、来春の春天も有力でしょう。大阪杯がGIとなるようですが、できたてのGIよりは春天を狙ったほうがよさそうに思います。中距離GIはその後、宝塚でも秋天でも狙えばいいわけで。ともかく無事に今後を過ごしてほしい。次走は有馬か?香港か?

 ディーマジェスティは伸びていないわけではないですが、瞬発力の差を見せ付けられた形。サトノとは0.5差、上がりの差が0.4差なので、ほぼ上がりの差。それと大外マクリの競馬ばかりやってますが、あれでは力が上だったり、展開がハマらないと同格の相手には不利になってしまいそう。内枠の利をまるで活かしていないように思えました。乗り方次第で2,3着はあったよなあ。瞬発力ではキレるディープには見劣りますが、持久力やパワーはありそうなので、有馬記念でなら今日、先着された面々を逆転もできそうです。まあ、勝馬はまだしも2,3着馬は有馬に出なさそうですが(笑)

 レインボーラインは想像以上に強くなっていた。モーリスとクビ差だったのはダテじゃなかった。距離と鞍上が不安視されたのでしょうし、俺もそうでしたが、結果的に人気の盲点でしたね。なぜか盲点になっている実績馬ってよくきますよね。2,3着馬は1600~2000がベストでしょう。エアスピネルも評価ガタ落ちでしたが、ユタカはやはり上手いなあ。談話にもあったように、道中カカる場面もあり、あれがなければ2着だったはず。でも、外枠から上手くインの好位にもぐりこんで、最大の武器である立ち回りの上手さを見せてくれました。どこかでGI勝ってもいい馬。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年天皇賞・秋展望 | HOME | 『茶こし』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |