ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年北海道2歳優駿回顧

☆北海道2歳優駿購入結果☆
◎エピカリス…………大圧勝
○ストーンリバー……4着
▲ヒガシウィルウィン2着
△スウィフトハート…3着

 新馬、500万と5,6馬身差の圧勝のエピカリスが単勝元返し1.0倍に推された北海道2歳優駿でしたが、1.0倍も当然だったという大圧勝で重賞勝利を挙げました。2着のヒガシウィルウィンとは実に2.4秒差。3着にはスウィフトハート、前走で川崎へ遠征して重賞・鎌倉記念を勝った2人気ストーンリバーは4着。2~4着は道営の実績馬が入線。一頭取消で中央馬は3頭でしたが、ビービーガウディは5着、ララベスラーナは8着でした。荒れることも多いレースですが、今回は概ね人気通りの入線順と言ってよさそうです。

とにかく勝ったエピカリスの強さだけが目立ったレースでした。無理に逃げたわけでもなく、能力の絶対値が違いすぎるので、ハナになったという印象。3,4角で軽く仕掛けると、後続が勝手に離れていくような状態。大方のファンは圧勝だろうなとは思っていたと想いますが、想像のさらに上を行く圧勝劇。軽自動車のレースなのに、なぜか2000ccターボ車が混ざっているような感じ。大差だから当然ですが、最後は流していましたね。これから中央500万を勝つ馬もいるでしょうし、兵庫ジュニアGPもありますが、暮れの全日本2歳優駿ももはや通過点にしか思えません。ドバイでどれだけやれるのかを期待せざるをえない。ゴールドアリュール産駒ですし、エスポワールシチー、スマートファルコン、コパノリッキーらに続くのはこの馬。いやあ、強かった。モノが違う。

 他の中央2頭は1勝馬の上、時計や着差に見るべきものもなかったので、さほどの人気でもなく、実際、キャリアや実績豊富な道営馬の後塵を拝しました。重賞での経験を次に活かせれば、というところでしょうか。2,3着馬はこのレースと関連が深いサンライズCの1,2着馬、4着馬は先述したように川崎で鎌倉記念を勝っています。重賞実績のある馬が順当に上位にきました。今年の道営馬はどれか一頭が抜けているというよりは、それなりのレベルで混戦なのでしょう。おそらくは歳が明ければ、南関へ移籍するのでしょうし、南関クラシックをにぎわす存在になるのかもしれません。ただ、エピカリスとの差はたやすく埋まるものではない。今回の2-4着馬は次にどこを使ってくるんだろうなあ?兵庫かな。川崎へ遠征する気がなえてしまうでしょう(笑) 
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年JBCレディスクラシック展望 | HOME | 16年天皇賞・秋回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |