ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年JBCスプリント展望

 いよいよ明日……というか日付が変わって今日、川崎でJBCの3レースが行われます。こう、1日にJpnIレースが3つもあるというのはやっぱりワクワクしますね。中央ではJCとJCダート(現チャンピオンズC)を同日にやっていたのをやめてしまいましたが、地方の場合、南部盃やかしわ記念でもかなしいかな、中央の条件戦並みの売上だったりするので、まとめてやったほうが注目されるし、相乗効果で馬券も売れるのかもしれませんね。川崎競馬場も新しくなったようですし、機会があれば行ってみたい。アブクマポーロの勝った99年川崎記念の1回しか行ったことないしね(いつの話だw) レディスクラシックの展望は書いたので、スプリントの展望です。まずは短評。

1. ダノンレジェンド…重賞8勝の実力馬ですが、最内は馬にも鞍上にも出遅れ癖があるだけに怖い。出遅れたら包まれてジ・エンド。そうでなくても1400はこなせてもベストではない。1400でも6-2-1-3ですが、1200は7-1-2-2ですし。それに前走で逃げて止まってしまった内容がイマイチで。軸にするのは怖い。

2.ベストウォーリア…南部盃3連覇は阻止されましたが2着。去年のJBCは1200、一昨年は2000とちょっと合わない条件でしたが、今回は左回りの1400とベストな条件。南部盃よりはメンバーも楽だと想いますし、鞍上の戸崎の勝手知ったる競馬場。勝ち負けは濃厚でしょう。

3.プラチナグロース…前走・東京盃は7人気で3着と中央一線級を相手に好走。ただ、左回りがあまり良くなさそうなのが気になります。1400よりは1200という感もあります。大穴で一考。

4.メジャーアスリート…無理。

5.レーザーバレット…前々走のオーバルSPを連覇。ソルテを差しきりました。重賞は3勝していますがすべて1400。というか重賞は1400でしか馬券になってない。そういう意味では中央勢でこの条件が一番合うのはこの馬のような気がします。条件が最適というだけで、力が足りるかは微妙ですが、微妙な人気で、乗るのはルメール。妙味はある。

6.ソルテ…さきたま盃勝馬。ここ3戦、グレードレースを使って2,1,2着。中央馬にヒケを取っていません。ただ、前走は勝ちきってほしかったのが本音。距離もコースも問題ないですし、地方馬(それも南関生え抜き)の意地を見せてほしい。吉原も他場、それもJpnIで、人気になる馬。超本気モードのはず。

7.サトノタイガー…一昨年の2着馬。その一昨年がピークだったような気がします。今年もさきたま盃4着など、重賞での好走がときどきありますが勝っていない。良くて掲示板までかと。緩やかですが、確実に衰えてきている印象があります。

8.シークロム…ホームの南部盃でブービーの馬が、アウェイのここでどうにかなるわけがない。

9.バーンザワールド…A2で勝ったり負けたりの馬がここで通じるとは思えない。

10.ドリームバレンチノ…一昨年のこのレースの勝馬。以来、斤量を背負わされることもあってか、好走すれども勝ちきれないでいましたが、前走・東京盃で2年弱ぶりの勝利。それも鮮やかに。元々小回り向きですし、JpnI馬のこの馬は斤量面も相対的にラクになる。9歳でも侮れない。

11.オグリタイム…この戦績では……。

12.コーリンベリー…昨年の勝馬。逃げたい馬だけに大外を引いてしまったのは痛い。それにダート1200は5-1-1-0と馬券を外していませんが、1400だと4-2-0-2と1200よりは良くない。去年のようなスムーズな競馬はできないと見ます。

 中央馬とソルテ以外は98%ない。残る1%はプラチナグロースが1%、その他1%ですかね。問題は川崎コースと1400と枠です。ダノンレジェンドやコーリンベリーにはプラスと思えない。ダノンレジェンドは斤量面も相対的に不利になるし、揉まれ弱いのに最内はつらい。勝ちきるかは半々と思いますが、戦って来た相手や安定感を考えれば軸はベストウォーリアが無難と思います。相手はソルテ、レーザーバレット、ドリームバレンチノか。レーザーバレットは人気の盲点になってますが、展開が向きそう。ダノンレジェンド、ソルテ、コーリンベリーがスローにするわけがないと思います。

◎ベストウォーリア
○ソルテ
▲コーリンベリー
△レーザーバレット
△ドリームバレンチノ

 買い目は◎の3複1軸4頭BOX。人気の組み合わせは厚くして強弱をつけます。ダノンレジェンドは枠が悪いし、展開も向きそうにないので軽視。
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年JBCクラシック展望 | HOME | 16年JBCレディスクラシック展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |