ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年JBCレディス&スプリント回顧

 JBCデーが終わりました。リニューアルされた川崎競馬場には3万人近いお客さんが来て、大盛況だったのがテレビ画面越しにも伝わりました。スプリントこそ前年の売上を若干割ったようですが、レディスとクラシックは売上増加で、JBCデーの売上レコードを更新したそうで何よりです。JBCをきっかけに地方競馬ファンも増えてくれればと想います。基本的に出走頭数が多くないし、力関係が分かりやすいレースが多いですから、本命党にはオススメです。逆に穴党は……海外競馬がいいのかも(笑)

 レディスとスプリントの予想には自信があり、クラシックの予想に自信がなかったのですが、結果はレディスとスプリントは外れて、クラシックだけ当たりました。と言っても微々たる儲けなので、レディスとスプリントの負けをとても相殺できませんでしたが。なんか、例年、クラシックだけ当たっているような気がします。スプリントはロクに当てたことがないような……?来年こそ3つとも当てるぞ!来年は……また大井か。浦和でもやればいいのにね。

★JBCレディス予想結果★
◎ホワイトフーガ……優勝
○トロワボヌール……5着
▲トーセンセラヴィ…3着
△タマノブリュネット4着
△アムールブリエ……9着

 前哨戦でまさかの敗戦を喫した女王ホワイトフーガでしたが、本番ではきっちり巻き返して完勝。2着に初ダートの昨年の桜花賞馬レッツゴードンキ。3着に浦和のトーセンセラヴィでした。以下タマノブリュネット、トロワボヌール。タイニーダンサーは7着、アムールブリエは9着と大敗しました。

 ホワイトフーガは若干、行きたがる場面も見られましたが、2,3番手追走から、直線ではにげるレッツゴードンキを容易に捕まえて完勝。このレースを連覇しました。連覇はミラクルレジェンドに続いて2頭目。まだ4歳ですから、メンバー次第では3連覇も期待できるかもしれませんし、牡馬相手の交流重賞での活躍も期待したい。

 初ダートを嫌って買わなかったレッツゴードンキ。スタートは早くなかったけれど、押してハナを奪うことに成功。ブルーチッパーもいましたが、無理なく逃げられた印象。先行力のある馬は初ダートでも侮れないですね。芝ではアタマ打ちの感もありますし、今後は本格的にダート交流路線に参入してくるのかも。

 時計面では通用していいと見たトーセンセラヴィは、1,2着馬には離されたものの3着をしぶとく確保。南関重賞なら楽勝でしょうし、ホワイトフーガがいなければ、グレードレースでの勝ち負けも期待できそう。母が南関移籍後大活躍したトーセンジョウオーですから、母のような活躍を期待したい。

 前が止まらない流れでタマノブリュネットは弾けませんでした。まあ、どこかで重賞をまた勝つ機会はありそうです。トロワボヌールが案外でした。二走ボケ?あるいはもう6歳ですし、故障もあったし、去年、一昨年ほどの力はないのかな。タイニーダンサーは距離もあるでしょうが、早熟という印象を強く感じました。

 アムールブリエは見せ場一つなく大惨敗。去年、1800でも距離不足を見せた馬。1600はまるで合わないようです。ズブい。(浦和記念)→名古屋GP→川崎記念(エンプレス盃)→繁殖入りでしょうね、たぶん。牝馬でダートのステイヤーというのはいかにも使いどころがむずかしい。

★JBCスプリント★
◎ベストウォーリア…2着
○ソルテ………………6着
▲コーリンベリー…3着
△レーザーバレット…4着
△ドリームバレンチノ10着

 内枠でかぶされて前走の二の舞となるのではと危惧したダノンレジェンドでしたが、まずまずのスタートを切ると押して押してハナを奪いきることに成功。1角過ぎからは快調に一人旅。こうなると強さを発揮して、2着ベストウォーリアを並ばせることなく逃げ切って完勝。悲願のGI制覇。3着に伸びずバテずでコーリンベリー。以下レーザーバレット、サトノタイガー。地方の期待を一身に背負ったソルテは失速して6着。前哨戦を制した一昨年の勝馬ドリームバレンチノは中団から垂れて10着でした。

 未完の大器・ダノンレジェンドが重賞9勝目にしてついにJpnI制覇。長かった。ただ、この馬、かぶされるとモロい面がありますし、出の悪いところもある(鞍上もそうなので二重に)。今後は斤量も背負わされますので、安定して勝ち続けるかといえばそうでもないでしょう。たまにポカがあるので、馬券的に過信はしづらい。陣営からは海外も、という声もあります。来春はドバイでしょうか。春先、黒船賞まで適鞍もあまりないですしね。さすがにマイルは長そうですし。

 ベストウォーリアは安定感ありますし、この馬なりの力は出し切っていますが、勝馬に振り切られました。まさに門番。この馬に勝てない馬はGI馬にはなれない(笑) 6歳ですが3歳時から変わらぬ強さを保ち続けています。エラい馬です。コーリンベリーは逃げ馬に大外はキツかった。3,4番手に控える形で格好はつけましたが、力を出し切れなかったかもしれません。1年前はチャンピオンズC→フェブラリーSと使いましたが、マイルは長い。でも、小回りならごまかせそうな感じもしました。

 ソルテはダノンレジェンドのペースについていけなかった。あれ以上飛ばせばダノンと共倒れになったのかもしれませんが、結果、単騎逃げを許してしまいました。吉原騎手は不完全燃焼だったようです。サトノタイガーに先着され、オグリタイムと1馬身差なんて力じゃないのは明らかなだけに。巻き返しに期待したい。逆にサトノタイガーは頑張りました。でも、相手なりに走るタイプで、このあと、笠松グランプリとか参戦しても2,3着に負けるのが定め(笑)

 レーザーバレットはこの馬の競馬をして、この馬なりの力は出したと想います。このあとは兵庫でしょうね、きっと。そこでは勝ち負けでしょう。3歳春にUAEダービーに挑戦した馬が8歳秋でもこれだけ走ってる。頑張ってますよね。同じような位置にいたはずのドリームバレンチノは垂れてしまいました。岩手のシークロムだの馬場掃除要員のメジャーアスリートと大きな差がない10着。故障などでなければいいのですが。ソルテ以上に不可解な大敗。気になります。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「憲法改正は 慎重な論議を」 | HOME | 16年JBCクラシック展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |