ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年JBCクラシック回顧

☆JBCクラシック予想☆
◎アウォーディー……優勝
◎コパノリッキー……5着
△ホッコータルマエ…2着
△ノンコノユメ………4着
△サウンドトゥルー…3着

ちょっと間が空きましたが、JBCクラシックの回顧。結局JBCはこのクラシックしか当たりませんでした。3つとも当てるって難しいなあ。JBCデーのトリプル馬単(対象レースはJBC3レース)でも15万円(50円での払い戻し)もついている。レディスが1人気→4人気、スプリントが3人気→1人気、クラシックが2人気→3人気で、15万。来年のJBCデーはトリプル馬単で勝負してみるのも面白いかもしれません。最少購入単位が50円なので、60通り買っても3000円。問題はSPAT4でしか買えないのですが、地方競馬は楽天競馬でばかり買っているので、俺のSPAT4の口座が無くなってるかもw

 勝ったのはアウォーディー。ダートで6連勝。重賞5連勝で一気にJpnI馬に上り詰めました。2着にロケットスタートから粘りを見せたホッコータルマエ。3着に差してきたサウンドトゥルーでした。1人気のコパノリッキーはスタートがいまひとつだった上、タルマエにロケットスタートを切られ、サミットストーンもハナを主張するなかで、逃げ損ねてしまい、終始アウォーディーに被されるという、完全な負けパターンで5着に沈みました。地方馬の最先着は6着のユーロビート。ただし、5着コパノリッキーとは7馬身も離されています。うーん……。

 アウォーディーは新旧交替を告げる勝利だったと思います。他馬が凡走しての勝利ではなく、コパノリッキーを負けパターンに追い込み、得意の条件、叩いて上積みを見せたホッコータルマエをねじ伏せましたから。ユタカは「次は中京で会うォーディー(笑)」と言っていました。中京で勝ったら、「大井で会うォーディー」と言うんですかね?中京の舞台でも、今回の面子には負けないでしょう。他に何がいるかといえば、前走で破っているとはいえ、フェブラリーS馬モーニンか。チャンピオンズCでも連勝は続くか注目。妹や弟よりも脚質にも距離にも融通が利くのが大きな強み。

 ホッコータルマエはチャンピオンズC、東京大賞典の2戦で引退らしいですが、川崎記念も使えばいいのにと思わないでもない(笑) 負けはしたものの、今回はタルマエらしい粘りや立ち回りのウマさを発揮したと思います。負けたのは勢いの差か。衰えが気になったのですが、今年の初めからは衰えてない。川崎記念と同様にサウンドトゥルーの追撃は振り切っていますしね。4,5,6,7歳とJpnIを勝ち続けたのは立派。ドバイにも3度も挑みましたしね。ドバイWCに3度も挑んだ日本馬はいないのでは。あと2戦、正直勝てないとは思いますが、ヒモには警戒。

 サウンドトゥルーとノンコノユメはセットで伸びてきます。ほぼ毎回。どちらにも言えますが、他力本願タイプでレースを作れない弱みが否めない。今回はコースや距離も考えて、どちらも普段より前目、4,5番手で競馬をしましたが、結果、どちらも前を行く馬と同じような上がりしか使えませんでした。なし崩し的に脚を使わされてしまった。ダート、それも小回りの地方じゃどうしたって差し追い込み馬は、よほど展開に恵まれないと勝ちきれそうにない。クリソライトは負けすぎ。逃げたサミットストーンにも先着では、そりゃ浦和記念に登録したくもなるわけです。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ねぶメンテ3~フォワグラマンと桃色脳細胞~ | HOME | 『橋』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |