ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年マイルCS回顧

★マイルCS予想結果★
Bサトノアラジン……5着
Bサトノルパン………ビリ
Bマジックタイム……8着
Bヤングマンパワー…16着

 上記のように「枠連」で買いました(1,3,5BOXと5-5)。全然自信がなかったし、マイルCSよりダービーGPのほうがよっぽど自信があったので。実際、マイルCSはハズレ、ダービーGPは当たりました。回収率向上だけを考えるなら、マイルCSはケンで、マイルCSの分のゼニもダービーGPに回せば良かった訳ですが、なかなかそこまでドライにはなれないなあ。小銭で遊んでいるだけなので。でも、後味の悪いレースになりましたね。

 ミッキーアイルが逃げ切ってGI2勝目をあげましたが、大斜行でディサイファは立ち上がってユタカは落馬寸前。ユタカだから落ちなかったけれど、若手騎手ならあるいは落ちて大惨事になりかねなかったかも。浜中はウイニングランもせず、4週間の騎乗停止。俺はイスラボニータも消していたので、馬券的な諦めはつくのですが、枠連1-4も買っていたらそれこそふざけるな!と思ったでしょう。被害馬は1枠2頭と3枠ダノンシャークだっただけに。ミッキーアイル自体は展開を作って、よく粘っただけに今後の活躍も期待できるのですが……ケチがついてしまいました。

 イスラボニータはよく差を詰めてきましたが2着。古馬になってから2着2回、3着3回、5着3回、9着2回。堅実に走ってますが勝ちきれない。父フジキセキはあっという間に引退しましたが、産駒は息の長い活躍馬が多いですね。まずはどこかで重賞を一つ勝って欲しい。ネオリアリズムも斜行のあおりを受けた形。展開や馬場も向いたのでしょうが、モーリスに完勝した札幌記念はダテじゃなかったということでしょうか。4,5,10着馬は不利がすべて。不利がなければミッキーアイルに先着できたかはわかりませんが3着もなかったかといえばどうでしょうか?

  結果的に2,3人気馬で決まったので、降着がなくて助かった人は少なくないかと思うのですが、イスラボニータとネオリアリズムの馬連、馬単を持っていた人は降着しやがれ!と思ったはず(笑) 良し悪しは一言で片付けられるほど簡単ではないけれど、俺は以前のルール(降着・失格制度)のほうが納得はできました。それで儲けたことも外れたこともありますが。たとえばですが、その年度、あるいは直近1年で制裁点数が過大な騎手はGIには乗れないなどの制裁もあっていいような気がします。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年浦和記念展望 | HOME | 『晩秋ふたたび』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |