ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年兵庫ジュニアGP回顧ほか

★兵庫ジュニアGP購入結果★
◎ネコワールド……6着
○ハングリーベン…2着
▲ゲキリン…………4着
△アズールムーン…5着
△リンクスゼロ……8着

 前日の浦和記念も完勝して、9-2-1-0と複勝率100%を維持し続けていたユタカのネコワールドを軸にした3連複を買いました。実況にも「ネコまっしぐら」と呼ばれて、果敢に逃げを打ちましたが、4角手前で手ごたえあやしくなって失速。2番手を追走していた道営ローズジュレップが代わって、先頭に立つと激戦の2~4着争いを尻目に2馬身差の完勝。見事に中央2勝馬たちを撃破しました。混戦の2着争いこそ4人気の中央馬ハングリーベンが確保したものの、3着も道営のバリスコア。道営馬が強さを見せ付けました。1人気のアズールムーンは初ダートが響いたか、見せ場もなくなだれ込んだだけの5着。1人気のルメール騎乗のゲキリンも2、3着争いに敗れて4着。3連複は3万馬券、3連単は30万馬券という大波乱となりました。

 ローズジュレップ、バリスコアの道営2頭が馬券となりましたが、この2頭はオープン馬ではあるものの、重賞馬ではない。格でいえば、北海道2歳優駿でエピカリスに2.4秒ちぎられた2~4着馬のほうが格上です。しかも、今回の2頭は北海道から園田への遠征でもあります。それが1,3着。エピカリスだけ数年に一度レベルの怪物で、他の中央2勝馬のレベルは例年並みか、やや低いのかなあ。ロースジュレップは驚きました。重賞馬でないとはいえ、4-2-0-0で連を外していなかったバリスコアは侮れないと見ていましたし、実際3着なんですが、ローズジュレップのほうが勝つとはなあ。両馬ともに全日本2歳へ向かうのでしょうが楽しみです。エピカリスが全日本2歳に出るかどうかがはっきりしないようですし。

 かつて初ダートのゴーイングパワーが勝ったこともありましたが、やはり中央馬はダート2勝組を優先して考えるべきと思います。だからネコワールドから流したのですが、馬券になったのはもう一頭のダート2勝馬のハングリーベン。ぐあ!ネコは逃げ一辺倒では、今後は厳しくなりそう。ハングリーベンのほうが現状、立ち回りのうまさがありましたね。ローズジュレップの影も踏めなかったけれど……。アズールムーンはこれをもって、ダートがダメとは言い切れないような気もしますが、現状は芝のほうがいいのでしょうね。リンクスゼロは出負けした時点で終了。逃げて2連勝だったわけで……。競馬にならなかった。ローズジュレップ、バリスコアは楽しみですが、中央馬は厳しいな。ここで負けた馬の何頭かは全日本にも出てくるかもしれませんが……。

★笠松グランプリ購入結果★
◎ラブバレット……圧勝
○オヤコダカ………2着
▲サトノタイガー…3着
△エイシンニシパ…7着

 グレードレースではないものの、地方としては豪華メンバーがそろった一戦だったので、買いました。◎○-▲△という変則的な馬複4点で。で、ハズレ。ぐあ!印の通りの3連単で良かったんだな、結果論ですが。岩手のラブバレットはやや間隔が空いていたのが不安だったのですが、何の問題もなく、このレースを2連覇。しかもレコードのおまけつき。これは強い!道営・オヤコダカの1400は、一昨年の兵庫ジュニアGP2着以来でしたが、何の問題もなかった。単純にラブバレットのほうが強かった。それだけ。浦和のサトノタイガーは去年の2着馬ですが、徐々に衰えはあるのかもしれません。

 今回の1,2着馬は中央の移籍馬ではなく、岩手生え抜き、道営生え抜きの馬です。生粋の地方馬の活躍にはワクワクします。ラブバレットはこのあと兵庫GTでしょうか。昨年は出走取消でしたから、1年越しの出走を期待したい。相手は昨年の1,2着馬レーザーバレット、ドリームバレンチノあたりでしょう。真の「バレット」はレーザーか?ラブか?(笑) いや「バレ」だけならドリーム「バレ」ンチノもか。名前に被っている部分もあるし、実力も今なら大差なさそう。オヤコダカも2年前2着だった園田1400での巻き返しがあっていい。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<霜月指導日記 | HOME | 上京予定とダイエット>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |