ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

優駿とレース~2016年上京記3~

 12月4日
地下道前

 あっという間で旅行も三日目。最終日です。マイミクお二人と中山競馬プチオフ会。野郎だらけの大馬券大会。Tさんが早くから来場して、席を確保してくれたので、のんびりと観戦することができました。ちなみに俺が中山競馬場を訪れたのは、2004年オールカマーの日以来なので、渋谷駅と同様で12年ぶり。その間にも府中には5,6回、新潟も2,3回、函館も2,3回、水沢や大井も2回、阪神、船橋、盛岡、名古屋にもそれぞれ1回は行っていたのに、中山には来てなかったなー。でも、過剰なゴージャスな府中よりは中山のほうが居心地良いです。府中は……あれでファンが増えるとでも思ってるのか?(笑)
地下道グラス

 Fさんとは1年半ぶり、Tさんとは3年ぶりぐらいでしょうか。お元気そうで何よりでした。急な呼びかけに応じてくれてどうもありがとう。朝からいたTさんは2レース的中、Fさんと俺は1レースずつの的中。こう言えば聞こえが良いですが、お二人は圧勝で、俺だけボロ負け(笑) Tさんは中山8Rの3連複131,090円をゲット。Fさんもこの日のメインレース・チャンピオンズCの3連複11,180円をゲット。俺は数百円の枠複取っただけ。グハア!1万馬券はまだしも、13万馬券を目の前で的中されて、ビックリポンですよ。この日は馬券が荒れがちの日でした(特に3連) 
中山競馬入口

 中京でGIがあったせいか、中山の騎手の面子は今ひとつ。そのせいなのか、来日したフランスの若手のシュミノーが活躍していました。この日、7レースの騎乗で、6レースで人気より上に持ってきていました。2勝しましたがどちらも2人気馬。なかなかの腕達者のようです。そんなシュミノーさんの初勝利表彰式をやってたので撮ってきました。今後、ミルコやルメールばりの活躍をするようになったら、ちょっとだけレアな瞬間に立ち会っていたことになるかも。俺の馬券は残念でしたが、まあ、土曜のメインレースは取っていたし、Tさんに昼飯をゴチになったし、悲観するほどカネをぶち込むような性分でもないので、旧交を温めることができて良かったです。
シュミノー初勝利

 Tさんが夜は用事があるようでしたし、Fさんは都心へ出ると自宅から遠ざかるようでしたので法典駅でお開き。法典と言ってもハンムラビ法典ではなく、もちろん船橋法典ですよ?(誰が間違うのかw) それに俺も湯島天神へ寄って、参拝&学業成就のお守りを買うというミッションも残っていました。日も完全に沈んだ湯島天神でしたが、パラパラと観光客が散見されました。俺もそうなんですがね。お守りをいくつか買って、あとは定番のおみくじを引きました……小吉。初日、二日目で俺の運は尽きていたのかもしれません。せっかくなので写真も撮りましたが、ライトアップのせいか、あやしげな雰囲気をかもし出してますな……。
湯島天神

 湯島から地下鉄千代田線、丸の内線で東京駅へ。ただ、これは失敗だった。御徒町か上野まで歩いて、山手線に乗るべきだった。東京駅の地下をかなーり徘徊するハメになってしまった。これが大きかったのか、この日(12月4日)に歩いた歩数は18000歩を越えました(前日も14000歩以上) いやあ、都会にいると歩きます。帰宅した翌12月5日の歩数はたったの1400歩ですもん(笑) どうにか八重洲南口まで来たところで、最後の晩餐。いや、うどん店でおろしうどんとカレーライスのセットを食べただけですがね。でも、値段の割にはかなり美味しかったな。うどんのコシも強かったし。少なくとも○亀製麺あたりよりは上。
東京駅

 食事を終えると大○の地下で、うちとばあちゃんへの土産、あとはバス内での飲み物を何本か買って、帰宅の途につきました。バスに乗る一時間前あたりから、日中はいい天気だったのに、雨がこぼれてきました。帰り間際に雨になるのは、10月の函館旅行のときと同じだなあ。基本的に俺は旅先で雨にあたることがあまりありません。晴れ男?夜行バスのなかで眠れるか不安だったのですが、相当に歩いたことと、旅行前から風邪を引いており、それが治ってもいなかったこともあって、珍しくバスの中で爆睡。大宮あたりから岩手山SAまで6時間は寝ていました。まあ、風邪引きながら遊び歩いて、身体は疲れましたが、心の換気は十分にできました。定期的に、どっか行かなきゃダメだね、俺。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年香港国際競走展望 | HOME | 青春トレース~2016年上京記2~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |