ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年東京大賞典回顧~酉年へケンタッキー~

★東京大賞典予想結果★
◎アウォーディー……2着
○サウンドトゥルー…3着
▲アポロケンタッキー優勝
△ノンコノユメ………4着

 印を打った4頭が上位4頭を占めましたが馬券は外れました。◎○をアタマにした3連単しか買っていなかったからです。ぐはあああああ!アポロは5人気でしたが3着だけではなく、2着つけも買っていたんですけどね……。2着で良かったんだよ。◎▲○は厚めに買っていたし。3連複は590円ですが、3連単は一万馬券。なかなかアポロケンタッキーをアタマで買うには度胸がいる。泥沼にハマるような気もしますが、シンデレラマイルも買いたいと思います。負けたままでは気持ちよく年を越せないよ(笑)

 逃げたのは予想通りコパノリッキーで、アウォーディーがガッチリとマーク。直後にアポロケンタッキー、サウンドトゥルー、ノンコノユメ。地方馬がさほど離れませんでしたし、明らかにスロー。道中に13秒台が2Fもありましたしね。これならサウンドやノンコが置かれるはずもない。ただ、そんな流れでも終始プレッシャーをかけられたコパノリッキーは垂れました。被されるとモロいという弱点は誰もに知られてしまっている。リッキー5着という結果は変わらなかったかもしれないが、タメ逃げではなく、ハイペースで逃げたほうが良かったんじゃないかなあ。

 アウォーディーの武豊は迷いがあったように思えました。アポロケンタッキーとあわせるべきか、サウンドトゥルーもいるし、どちらに合わせればいいのか?というように。アポロケンタッキーの勢いがよく、サウンドにあわせるしかなく、結果、サウンドには交わされそうで交わされず、ソラを見せることはなかったけれど。チャンピオンズCで、すごい止まり方だったと武豊の談にありましたし、それが気になってしまったのかも。妹や弟よりは短い距離にも対応できますが、気性的にやっかいな面が……。勝ちきれないレースが増えるかもしれません。

 サウンドトゥルーは、スローペースでいい位置につけられましたが、そうなると前も止まりませんし、他馬よりさらに一段キレる脚は持ち合わせていないようです。ただ、地力をつけてきていますね。今回の2,3着馬は。まあ、ダートは高齢が多いですし、来年も今年並みの力は発揮しそう。抜けて強いわけではなく、脚質的なこともあるので、こちらも今年同様に勝ちきれないことも多そうですが。ノンコノユメは去勢してから、どうも冴えない。今回も4着ですが、バテたコパノリッキーを交わしただけで、4角では前4頭に置かれてしまった。ズブくなってるのかなあ。

 アポロケンタッキーは鞍上に地の利があったし、人気を背負ってないので、思い切った騎乗もできました。展開も良かったと思いますが、4角からのヨーイドン!で一番キレたのがこの馬でした。本格化が著しい。馬格があるのも良いのでしょう。モーニンは距離にカベがあるし、スランプに陥ったような。ノンコはタマと一緒に覇気もなくなった。代わりにアポロケンタッキーが4歳世代、いや今後のダート界を背負っていくのでしょう。脚質だったり、気性だったり、何かしらモロさがある馬では長期政権は築けない。タルマエが去り、アウォもサウンドもリッキーも若くない。アポロにかかる期待は大きい。

 ハッピースプリントは地方最先着は当然ですが、中央のどれか一頭に先着することもかなわず。カゼノコやモズライジンにも多少ですが先着される始末。JpnIIIならともかく、JpnIはもう無理でしょう。それが手薄な川崎記念だとしても。セイスコーピオンやユーロビートはもちろん、笠松のカツゲキキトキト、岩手のエンパイアペガサスにももうかなわないような気がします。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ありがとう。 | HOME | 16年東京大賞典展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |