ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『街路樹』

『街路樹』

サッカリン入りの駄菓子

甘い言葉に包まれた現実

ライトアップされた街路樹



12月に押される人々

腕時計という名の手錠

電源をつながれた街路樹



人工甘味料でカロリーオフ

エコノミーじゃないエコロジー

地表を覆われた街路樹



街路樹が街路樹である必要は?

花も葉もない街路樹は不必要?

「自然を大切に」と謳う不自然なヒト



2016年12月19日作
2017年1月8日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

【あとがき】
東京駅八重洲口で、夜行バスに乗るまで
しばらくぶらぶらしていました。
見かけた街路樹は電飾されて
おまけに幹の付け根に電源付でした。
地表はアスファルトでコーティング。
ああ、綺麗だなあと思うよりも
ただ、歪だなあとしか思いませんでした。
地元に戻ってからも電飾された街の木々。
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヒカリノアトリエ | HOME | 睦月徒然日記>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |