ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

「小さな幸せにも 気づける一年に」

 新しい年が始まった。親戚や友人が集まり、のんびりと年末年始を過ごした人が多かっただろうか。本来は私もその予定だったが、気の休まらない年末年始となった。年末の買い出しに行く際に、私の車と他車がわずかに接触した。双方軽度の線傷が付いた程度だったので話し合いで解決したが、大事故だったらと思うとぞっとする。春はまだまだ遠い青森の冬、気をつけて運転する良い契機になったと考えたい。
 ◇元旦に初詣を済ませ温泉へ立ち寄った。温泉の入り口で見知らぬ男性に肩をたたかれて促された先には今年の初日の出が見えた。例年の津軽は雪や雲で初日の出を拝めないことが多いし、促されたという心遣いもあって、余計に美しく感じられた。
 ◇不幸と幸福は紙一重という中で、誰もが暮らしているのだろう。見方を変えれば、たとえ過ぎた年が不幸な一年だとしても、幸福はきっと遠くない。小さな幸せ、そして小さな不幸にも気づける一年でありたい。気づけたなら幸福に近づき、不幸からは離れるように動けばいい。気づかなければそれもできないだろう。2017年の大みそかに、私の周りのみならず、多くの方が「悪くない年だった」と思えることを願っている。
 (2017年1月12日東奥日報夕刊掲載)
 
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年日経新春盃展望 | HOME | ヒカリノアトリエ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |