ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年TCK女王盃回顧

☆TCK女王盃予想結果☆
◎ホワイトフーガ……3着
○ワンミリオンス……優勝
▲トーセンセラヴィ…競走中止
△タイニーダンサー…8着
△タマノブリュネット5着
△マイティティー……最下位
△リンダリンダ………2着

 迷った末に結局、◎○2軸の3複5点流しを買いました。ガミることはなさそうでしたから。ただ、結果的に人気薄のリンダリンダが粘りこんでの2着の高目で決まりました。馬複万馬券、3単4万馬券でも、3複は3870円でしたが、1月からいきなり負けが混んでいた俺には助かりました。勝った戸崎騎手も年明けから不振でしたが、この勝利をきっかけに立て直せるといいですね。やはり南関出身騎手には地の利があります。ワンミリオンス・戸崎騎手はソツがなかった。女王ホワイトフーガは4角先頭のリンダリンダを交わせそうで交わせなかった。なんだかレディスプレリュードでのトーコーヴィーナスを交わせなかったのとダブって見えました。

 やはりワンミリオンスは3歳牝馬の身で準OP勝ちは伊達ではなかった。1400ばかりだったのが一抹の不安でしたし、戸崎騎手の談話を見ても、距離は気になっていたようですが、結果的に1800も問題はなし。3連勝で重賞制覇。ホワイトフーガから3kgもらいではあるけれど、ホワイトフーガが絶対的存在とまで言えないので、今後が楽しみです。地方馬場適性を示したのも大きい。たまに地方の砂が合わない馬もいますから。器用なタイプのようで、大井ではなく、もっと小回りの競馬場でも対応できそう。重賞1勝では牝馬交流の出走は確実でも、牡馬相手の重賞では賞金的に弾かれかねません。エンプレス盃で、もっと伸びても大丈夫か見てみたいところです。

 リンダリンダは中団からの競馬かな?と思っていましたが、強気に前々での競馬から粘りこみました。ゆるい流れでしたし、これで良かったのでしょう。脚質の幅も広がったのではないでしょうし、交流で2着、それもホワイトフーガを振り切っての2着ならレース選択の幅も広がりそう。さすが吉原。4着も川崎のポッドガゼール。上がり最速で差してきました。伸びてきたのは中央馬ではなく川崎馬だった。一方で、地方馬で人気最上位だったトーセンセラヴィは競走中止。最悪の事態も頭を過ぎりましたが、厩舎で経過を見るようで、一命だけは取り止めてほしいところ。父ディープインパクトで、母がトーセンジョウオー。血統的な価値、それにファンも少なくないでしょうしね。

 他の中央馬について語ることはあんまりない(笑)タマノブリュネットは展開がハマらなかった。そういう馬です。ただ、ポッドガゼールにキレ負けしたのはいただけない。タイニーダンサーはトーセンセラヴィが下がった影響もあったんでしょうが、そうでなくてもあんまりいい位置取りではなかったような。あまり深追いする気もないですが、今後も軽くヒモで買うだけでしょうか。軸にすることはないですね。マイティティーは壮絶に逆噴射でビリ。負けすぎ。それこそ、この馬は地方の砂が合わないのかもしれません。ゆるい流れでハナを切っているのにぶっちぎりのビリではなあ。なんか尾を引きそうな負け方に見えました。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年根岸S展望 | HOME | 技巧と熱量>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |