ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年川崎記念回顧

★川崎記念予想結果★
◎サウンドトゥルー…2着
○ケイティブレイブ…5着
△バスタータイプ……8着
△オールブラッシュ…圧勝
△コスモカナディアン3着
※ミツバ………………4着

 日本一堅いと思われるレースがこの川崎記念でしたが、今年は波乱。好スタートからマイペースで逃げたオールブラッシュがまんまと逃げ切って1000万、1600万からの3連勝でJpnI制覇。勝てない馬は何度やっても勝ちきれないのがJpnIなのですが……。2着に追い込んできた圧倒的人気のサウンドトゥルー。混戦の3着争いは内から差してきた中央の人気薄コスモカナディアンが突っ込んで、3複は9400円、3単は7万馬券という波乱の結末。2人気ケイティブレイブはモヤモヤする内容の5着、ミツバは4着でした。地方最先着はハッピースプリントの6着。やはりもうJpnIは荷が重そうです。馬券は正直、直線では取れたかな?とも思ったんですが……ううむ。ハズレ(笑)人気3頭で決まっても仕方ないのが過去の川崎記念ですが、1頭は飛ぶと考えていました。でも、結果は2頭飛びました。 中央馬の枠が5枠から6枠に広がったのも大きいかもしれない。こういう結果になるたび思いますが、人気薄の中央馬を侮ってはいけませんね……。

 ラップを見ると最速だったのが100~300mの11.1。ここでオールブラッシュがハナを奪いきったときに、結果的には勝ち負けがついたのかもしれません。その後は徐々にペースが落ち、14.1の部分すらあります。2週目3角から、ルメール・オールブラッシュは自らペースを上げて、セーフティリードを取って、後続に影すら踏ませませんでした。オールブラッシュ自体が、ファンや他の陣営が思っていたよりも強かったことは大きいですが、正直、なめられていたのかもしれません。というか村山調教師も「次は名古屋大賞典を考えていた」と談話にありますし、勝ちきるのは陣営にとっても想定外の結果だったのかもしれません(笑) ただ、準OPからJpnI馬というのは、今後のレース選択が難しくなった面もありそう。獲得賞金の少ないJpnI馬では、ヘタに使うと斤量を背負わされますし、一方で交流重賞は除外のおそれもまだまだありますから。ダイオライト記念あたりですかね?前にいけるというだけでなく、後続を翻弄するようなラップを踏めるという変速の自在性は武器になる。多段MTで好燃費だから、ラストのスパートのガスがたっぷりあるって感じ。次はこれほど好き勝手に逃げさせてはもらえないでしょうし、真価の問われる一戦になりそう。

 サウンドトゥルーは後ろすぎると買っていた多くのファンは思ったんじゃないかなあ。ケイアイレオーネが先行集団についていける流れです。前走のような位置取りを期待していたし、可能だったはずです。中央馬の中では最後方であっても、多くの地方馬よりは前。そんな位置取りで良かった。具体的には6番手あたり?バスタータイプの直後ぐらいで良かった。1000mを過ぎるあたりでメジャーアスリートのちょっと前とかわけがわからないよ(笑) そこから徐々に進出するわけですが、前も徐々に仕掛けていくので差が詰まらない。それでも地力の違いで2着まで押し上げましたが、勝馬もサウンドトゥルーと同じ上がりではどうしようもない。「ノーマークの馬にやられてしまいました。勝ち馬が強すぎました」との大野騎手の談話。ノーマークにしたから、強すぎる勝ち方をされたんじゃないの?と思わずにいられません。もっとやりようがあったんじゃないかなあ。ともかく後ろ過ぎなのは確か。GI2勝の実績馬。タルマエは引退。リッキーは路線がちょっと違う。もうサウンドトゥルーは横綱です。横綱が得意の形じゃないから負けたでは納得できない。このままでは今年もハマったら突き抜けるけど、そうでなければ2~4着って予感がします。

 ケイティブレイブはアタマまであるかも……と思っていました。それこそオールブラッシュのような競馬で。でも、共倒れを嫌ったのか、控えてしまいました。番手の競馬もできる馬ですが、本質的には逃げてこそのように思えます。「ただ、妙に折り合いがついていたかな、という感じがします」とのユタカの談話。覇気が足りなかったのかなあ。あとはレース選択の巧みさで判断しにくかったですが、昨秋、メイショウスミトモの2着に負けていた馬です。ここ3走の交流戦の面子に疑問を持つべきだったのかもしれません。他馬は猛者ぞろいの中央準OPやOPを勝っている馬ですしね。でも、4歳ですし、今後のさらなる成長に期待したい。ミツバはノリさんが途中で一気に押し上げて、レースを動かそうとしていました。自力で何とかしようと思ったのは気持ちがいい。でも、結果、あれが響いて、コスモカナディアンに差されてしまったように思えなくもない。結果論ですが。もろもろにつけ込めたのがコスモカナディアンですが、つけこめるだけの力があったともいえる。バスタータイプやケイアイレオーネはタレちゃったし、ハッピースプリントは伸びないし。この馬も4歳馬。実績はまだ下ですが、ケイティブレイブとはこの先、何度も競いそうですね。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<指導の前の市道 | HOME | 17年川崎記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |