ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年佐賀記念展望

 中央競馬が当たらないと最近、何度か書いていましたが、ほんとテキトーに買ったきさらぎ賞と東京新聞杯がどちらも3連複的中。ホームランどころかセンター返しのシングルヒットみたいな配当ですが、連打ならそれなりに回収率が回復しました。頭数が少なかったのもそうですが、3連複という券種も結果的には良かった。サトノアーサーもエアスピネルも圧倒的人気でしたが、どちらも負けてしまいましたしね。まあ、エアスピネルは負けるような気がしていた人も少なくなかった……はず。前走やっとこさ僅差で勝利しただけで、善戦マンではなくなったと思えないよなあ。ブラックスピネルに逃げ切られただけならまだしも、プロディガルサンに差されてもいる。これはかなり印象が良くない。しかも2着ではなく3着なので出走賞金の加算もできていない。マイルでも何も変わってない。今年のGIでも3~5着を繰り返しそうなイメージがわきます。もっとも出られるかどうかも現状では定かではありません。

 それはさておき今日は佐賀記念です。交流重賞なのに火曜開催です。水曜日ではないのでご注意ください。カツゲキキトキトVS中央馬という見立てで九分九厘間違いはなさそう。例年の佐賀記念と比べても中央の面子が微妙な気もするので、キトキトにとってはチャンスですし、このぐらいの中央馬であっても勝てるようなら、これから先が楽しみになってきます。まずは短評から。

1. ヴィルトグラーフ…論外。

2. タムロミラクル…昇級してから2,3戦して勝ちあがるということの繰り返しでOP入り。3走前にモズライジンに勝っています。モズライジン並みとして、この面子なら力的には十分勝負になりそう。鞍上の出遅れと脚質が若干、気にはなります。

3. リッカルド…昨夏、福島、札幌(エルムS)と小回りで連勝しましたが、その後は右肩下がりのボロボロ。前へ行ける脚質は魅力ですし、今回の面子なら実績上位でもありますが、状態面が気になります。2が56kg、6が55kgに対して、こちらは57kgというところも地味にどうか。

4. リワードレブロン…無謀。

5. キョウワカイザー…去年も今年同様に連戦連勝で佐賀記念に参戦しましたが、結果は6着。今年も去年の再現じゃないでしょうか。去年よりは手薄な気もするので5着ならあるか?

6. ロンドンタウン…ここ2走は重賞で着順こそ冴えませんが、着差はそれほどではないし、佐賀の川田は超川田になるので、期待が持てそうです。前走ぐらい走ればここでは勝ち負けになりそうな気がします。55kgで走れるのもいい。右回りに比べて左回りの実績がないのが一抹の不安。

7. カツゲキキトキト…前走は地元馬相手に当然の楽勝。前々走も中央馬に割って入っての3着。ストロングカイザーやモズライジンらに先着。大井遠征でもこの馬なりの力は出していたし、ここはチャンスだと思います。TCK女王盃のリンダリンダよりも期待しています。

8. コスモガラサ…無理。

9. ストロングカイザー…去年の勝馬。その後、盛岡のマーキュリーCを勝ちましたが、その後はぱっとしません。前走ではカツゲキキトキトの後塵を拝してもいます。ただ、交流重賞はリピーターがきやすいので、警戒は必要。

10. ミッキーヘネシー…前々走で南関OPを勝っていますし、佐賀の馬よりはよほど強そうです。でも、昨夏のサマーチャンピオンで5着。掲示板の端に載れるかどうかが精一杯ではないでしょうか。

11. トランザムスター…無茶。

 この10年、馬複はもちろん3複でも万馬券はありません。堅いレースといえます……って先週もそんなことを書いたな(川崎記念展望)。結果は3単7万馬券の大荒れでした。ただ、ノーチャンスの馬が来たわけではなく、中央馬同士の順番が変わっただけです。今回にしても、事実上、カツゲキキトキトと中央4頭の5頭立てと思います。5頭のうち1頭切れば3複は4点で済みますが、来ちゃう馬を切ってしまいそうで怖い。それなら軸を決めて、他に流したほうが良さそう。

◎ロンドンタウン
○カツゲキキトキト
▲ストロングカイザー
△タムロミラクル
※リッカルド

 ◎からの3連複を考えていますが、ガミ(あるいはそれに近い組み合わせ)が多数あるようなら、リッカルドも切って、3複4頭BOXにします。さすがに400円以下はない……よね?カツゲキキトキトがI-PAT組に嫌われて5人気になることを願いたい……がリッカルドよりは人気になってしまうのかなあ。
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年佐賀記念回顧 | HOME | 指導の前の市道>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |