ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

再検査

 2ヶ月に一度の大学病院通院。元は抑うつ神経症と不眠症の治療でしたが、途中から偏頭痛も加わり、さらに血液検査も加わってきました。全部、同じ診療科、同じ医師のため、病院内を無駄にうろつかなくて済むのは助かります(笑) で、4ヶ月前の血液検査の再検査でしたが、LDLコレステロールや血糖値、尿酸値などは基準値内に収まりましたが、基準値を超絶に上回っていた血中脂肪、γ-GTPなどの肝臓周りの値は改善されるどころか微増。これにはショックを隠せませんでした。体重が5kg強も落ちているのになぜだ?と。医師によれば、内臓の脂肪は落ちにくいのでタイムラグがあるというのと、体質的に内臓脂肪がつきやすく、かつ落ちにくいのかも、とのこと。「痩せてても内臓脂肪がコッテリという人が健康番組で扱われたりしますが、それと同じことですかね?」と尋ねると、「その可能性はあります」とのこと。ただ、方向性は間違っていないので、時間はかかってもそのうち結果は出ると思うので、ダイエットは続けてくださいということでした。

 俺にとっての今回の検査は中間検査です。今回で劇的に血液バッチリになるとは思っていませんでした。微増は想定外でしたが……。MIXIのつぶやきで書いていたように、あくまでも77kgほどまで落とすのが最大目標です。ただ、身長184cmでの標準体重は74~75kgほどなので、目標を引き上げて74kgにします。4ヶ月後、血液の再々検査までに。淡々と日課としてこなすのみ。正直、劇的に落ちてるはずはないのはわかっていました。部分痩せ……というか部分的な筋肉強化になっていたので。下半身と肩から腕にかけての筋肉は「使用前→使用後」並みに劇的にマッスル!なのですが、腹回りはさほどでもない。いや、ベルトの穴が2,3詰まるぐらいには絞れているんですが、まだたるんでいる。この腹のたるみが消えてから、内臓の脂肪が取れるんじゃないか?と思っています。腹のたるみが消えないうちはフリーザ様の第一形態、第二形態状態……追い込みが足りないのではないかと思えるのです。6月下旬に絞り込めたら、海やプールで自信を持って海パン姿になれるな……泳げないけどw

 あとは俺自身、学習指導をしていても思いますが、4ヶ月で目に見えるほどの結果が出る子もいますが、じわーっとしか伸びない子もいます。内臓脂肪も4ヶ月で落ちる人は落ちるのかもしれませんが、じわーっとしか落ちないで、1年ぐらい経たないとハッキリと結果が出ない人もいるのでしょう、きっと。あと8ヶ月は今の調子で減量に励み、あとはその体重をキープですね。元々、肝臓の値が悪いのは分かっていました。二十歳の献血時に既にγ―GTPが90もあり、献血センターから「君の肝臓の値は異常だから輸血には使えないよ。ごめんね?病院でみてもらってね」という趣旨のハガキが届いたことがありましたので。500超という異常な数値から100前後まで落ちれば問題ない(基準上限値は47ですが) 
スポンサーサイト

テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年中山記念展望 | HOME | 17年フェブラリーS回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |