ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年エンプレス盃回顧

☆エンプレス盃購入結果☆
◎ワンミリオンス……完勝
○リンダリンダ………2着
▲ヴィータアレグリア3着
△ブランシェクール…7着
△タマノブリュネット6着

 圧倒的一番人気に支持されたワンミリオンスが人気に応えて完勝。やはり南関の戸崎は超戸崎だなあ。2着に大井のリンダリンダとTCK女王盃と同じ結果。ちなみに4着の川崎・ポッドガゼールも同じ。3着が不在のホワイトフーガの代わりにヴィータアレグリアになっただけ、5,6着も前走と変わらない感じの結果となりました。TCK女王盃も◎○絡みで馬券を取ったので、今回も消す理由はなく、そのまま買って、そのまま当たりました。前走と比べれば配当はガクンと落ちましたが……。ウマというか騎手だなあ。ウマは中央→大井→中央ですが、騎手は戸崎→吉原→森ですよ。乗りなれている皆さんが上位。田辺だの北村だのルメールはお呼びじゃなかった。3着でしたが道中でまくっていった森の騎乗は光りましたね。

 ワンミリオンスはこれで4連勝。重賞連勝です。今年のこの路線の主役になりそうです。次は一息入れるのか、あるいは船橋のマリーンCか、どちらかでしょう。ホワイトフーガはノド鳴りもあるようですし、JpnI馬で斤量も背負わされますから、今のワンミリオンスなら前走に続いて、今後もホワイトフーガをねじ伏せても不思議はない。地方競馬で走るなら鞍上の経験も活きて来ますしね。2着はまた、リンダリンダ。強くなりましたね。2着が多いですが、交流重賞でも完全に通用しています。ヴィータアレグリアを差すぐらいですし。ただ、これで南関限定戦なら必勝かと言われたら、それはわからない。故障のトーセンセラヴィ(JBCレディス3着)は引退でしょうが、他にもミスミランダー、モダンウーマンと同期の強豪牝馬がいるので。逆にいえばミスミランダーやモダンウーマンが、マリーンCに出てきたらそれも狙い目。今回のリンダリンダほどには人気しないでしょうしね。

 ヴィータアレグリアは前々で競馬できれば力を出せるんでしょうね。ペースが緩んだどころで一気に進出した森騎手の騎乗はナイスでした。中団でちんたらしたままだったら、たぶん前走並みに沈んでいただろうと思えます。南関で走る分には今後も森でしょう。面子次第ではまだまだチャンスはある。出遅れたブランシェクールはともかく、またもポッドガゼールに先着されたタイニーダンサー、タマノブリュネットの評価は微妙。タマノはペースが上がったり、雨が降ったり、差し馬向きの展開にならないと上位には食い込めなさそう。タイニーダンサーは関東オークスを勝った舞台だから、前回よりも人気になったのだと思いますが、関東オークスと今回では面子が違いますし、何度か書きましたが、上がホウザン、イチリュウ、ブンブイチドウと3歳春までのイメージです。たいにーだんさーのほうが能力が上だから、3歳いっぱいはそれなりの結果を出しましたが、この先追っかけていい馬とは思えません。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<春めき前 | HOME | 17年中山記念回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |