ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年黒船賞展望

 今週は火曜に高知で黒船賞、水曜にダイオライト記念と交流重賞連発です。まずは黒船賞。一昨年こそ兵庫のタガノジンガロが3着に入り、人気のワイドバッハが飛んだのでいい配当になった(取れたw)のですが、基本的には中央馬しか来ないし、堅いレースです。まあ、交流重賞はだいたいそうですが。3複買うぐらいなら馬単、やはり3単と、単式馬券で勝負するしかない。

 地方馬は過去10回で4度の2,3着がありますが、フサイチバルドル以外のタガノジンガロ、キングスゾーン、ロッキーアピールはこのレース以前に交流重賞で馬券になっていました。それでいて単50倍なんて扱いだったので、ローリスクハイリターンが狙えて良かったのですが、今年の地方馬にはそれだけの実績馬はいない。フサイチバルドルは前走を圧勝していました。これに合致するのはトウケイタイガー、サトノキングリーですが、サトノキングリーは時計的に無理。大穴ならトウケイタイガー。ただ、中央5頭で仕方ないでしょうね。中央馬だけ短評です。

・ ニシケンモノノフ…去年の2着馬。3歳時はやや低迷していましたが、その後復活してきました。昨年暮れの兵庫GTで3年ぶりの重賞制覇。1400がベストなのは明白。なおかつ京都よりは阪神、阪神よりも園田というよりに、脚質もあってか小回り向き。前走は距離もコースも面子も厳しい中で5着。目下の勢いを表しています。ここで馬券圏外は考えにくい。

・ グレイスフルリープ…サマーチャンピオンでの圧勝は度肝を抜かれましたが、その後の3走がサッパリです。この馬も適性としてはニシケンと同じで小回り1400がベスト。ただ、番手でもこなせるニシケンにガッツリマークされそう。それに今思うとサマーチャンピオンは面子も軽かった。

・ キングズガード…前走も密かに期待していましたが、さすがに厳しかった。OP2勝で、重賞勝ちはないものの、一線級相手にもさほど差のない競馬をしています。実力は十分。未知数ですが、脚質的に地方小回りが向いているようには思えない。鞍上も地方の場数が少ないしなあ(岩田はもちろんノリや川田と比べても)

・ ドリームバレンチノ…10歳馬ですが衰えていませんね。昨秋も東京盃勝ち、兵庫GT2着。2着ですが勝ったニシケンモノノフに2.5kgあげてのクビ差ですし。今年で4年連続の黒船賞ですが、意外にも勝っていません。過去は2,2,4着。今年も善戦しても、頭まではどうですかね?JpnI馬で、常にトップハンデを背負っているのが響いている。

・ ブラゾンドゥリス…4戦連続で馬券になっていますし、前走でOP勝ち。先行馬のようですし、鞍上がウチパクさんというのも良いですね。「餅は餅屋」と言いますが、地方競馬は地方競馬(出身)騎手ですよ。地方は初めてですが、福島で3走して1勝2着2回と連を外していないあたり、小回りが向いてそうな感じがします。

 中央5頭のなかで、どれが勝つか、どれを切るか。それだけが問題です。第一回(1998年)こそ9人気の地元・リバーセキトバが勝っていますが、以後は3人気以内の馬しか勝っていません。2,3着も1~3人気というケースがほとんどです。3着は地方馬が食い込んだり、割とさまざまです。あとは交流重賞ではよくあることですが、リピーターが強いです。去年一昨年はダノンレジェンドが連覇、その前はセイクリムズンが3連覇。その間、ドリームバレンチノが2着2回、ダイショウジェットが3回馬券に絡んでいます。この5年で馬券に絡んだのは3頭×5年でのべ15頭(当然ですが)、しかし重複しているので、実際には9頭です。少ない!去年の2着馬であるニシケンモノノフは人気でしょうし、まだリピーターではない。勝ち負けでしょう。目下の勢いからも言えますが。

 地方出身騎手が乗り、コース実績があったり、向いてそうなドリームバレンチノやブラゾンドゥリスは切りたくありません。切るならグレイスフルリープかキングスガード。近走から考えてグレイスフルリープが5人気ですかね。

◎ニシケンモノノフ
○ブラゾンドゥリス
▲ドリームバレンチノ
△キングスガード

3連単 3=9,10,12-9,10,12で12点。多いですかね?でも、ニシケンが2着なら3000円やそこらはつきそうですが。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年ダイオライト記念展望&黒船賞回顧 | HOME | 『86400秒』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |