ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年名古屋大賞典回顧

★名古屋大賞典予想結果★
◎オールブラッシュ…5着
○ケイティブレイブ…優勝
▲ドリームキラリ…6着
△モルトベーネ……4着
△ピオネロ…………2着

 先手を主張した3人気ケイティブレイブが終始先頭を譲らず、危なげなく逃げ切り完勝。重賞4勝目を挙げました。1人気のモルトベーネは中団からジワジワとしか伸びず4着。川崎記念を制した2人気のオールブラッシュは中団からなだれ込んだだけの5着完敗。逆に3角でいったんは置かれかけた地元名古屋のカツゲキキトキトは最速の上がりを繰り出し、勝馬から2馬身差の3着。力をつけてきています。大井から遠征のトロヴァオはいいところなく最下位大敗。-17kgってのはいくらなんでも減りすぎ。状態に問題があったのかもしれません。

 行ったもんがちだろうとは思いました。そして、ケイティブレイブがハナを完全に奪った時点で、勝敗の大勢は決したように思えました。ここ2戦、GIで微妙な結果だったケイティブレイブでしたが、この面子で自分の競馬ができれば、この結果も想定されたこと。福永は自信を持って乗ったように見えました。春の大目標は帝王賞となりそうですが、大井で、一線級を相手にこの競馬ができるかどうか。脚質もありますが、なんだかスマートファルコンじみてきました。遅かれ早かれどこかでJpnIを勝つ馬だろうと思います。

 オールブラッシュにはガッカリです。見せ場も何もない。そりゃ59kgはラクじゃないでしょうが、58kgで前走で完勝しているケイティブレイブに惨敗。前走は展開利があったのは衆目一致と思いますが、これはない。ドリームキラリぐらいの位置を果敢に取りに行ってほしかった。結果的に、馬券に絡めなかったデムルメ(川田もだが)。やはり地方は地方を知っている人が強いですね。2着は戸崎だし、3着は地元の大畑。まさかモルトベーネが1人気とは思いませんでした。地方じゃデムルメにメリットはない。むしろその地区のトップジョッキーを乗せたほうが怖い。

 カツゲキキトキトは08年アルドラゴン以来、久々にこのレースで馬券となりました。交流重賞で実績のある地方馬はやはり一発がありますね。まして今回は人馬ともに地の利もあった。今回の勝馬とは4度対戦していますが、JDDでは1.6秒差、白山大賞典で2.0秒差、名古屋GPで1.1秒差、今回は0.4秒差。だんだん詰まってきています。交流重賞のペースになれてきたのかもしれません。ケイティブレイブに先着できるときがきたら、それは交流重賞制覇の瞬間かもしれません。地方馬だけに一線級の馬でも月1以上のペースで使われていますが、馬体重も増えてます。成長しているのでしょう。どこかで、1つでいいから交流重賞勝ってほしいな。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<デミオ(XD Touring Brown)試乗記 | HOME | 17年名古屋大賞典展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |