ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年大阪杯回顧

★大阪杯予想結果★
◎キタサンブラック…完勝
◎サトノクラウン……6着
△ミッキーロケット…7着
△マカヒキ……………4着

 「勝つのはキタサンかサトノのどちらか。単2点や2軸3複も考えましたが馬単で。5,7→1,5,7,14の6点」と展望で書きましたが、券種間違えましたね(笑) 不調なんだから、単2点でアテにいけば良かったなあ。「ヤマカツエースも買いたくない。理由は簡単。阪神0-0-0-4とコース実績がないので。というか関西馬なのに関西での成績が良くない」などと力説したヤマカツエースはよく伸びて3着。俺が消す上位人気馬はよく走って、イヤになってくる……。

ドバイWCでそういう買い方をしましたが、データで絞ったあとの買い目を頻繁に間違えていますし、3複1軸5頭BOXぐらいで買っていたほうがよほど当たっているような気がします。買い目を絞って、負けが混んでいるのでは意味がない。地方はまた別ですが、中央は手広く買う!中央は手広く買う!忘れるな、週末の俺(笑)

 キタサンブラックの勝利は1000が59.6の時点で確信しました。それから5馬身以上キタサンは後ろ。で、マカヒキなどはさらにずっと後ろ。勝ってくださいとお膳立てされたに等しい。前が粘られればやっかいでしたが、普通にマルターズアポジー、ロードヴァンドールは失速して、追いすがる後続を難なく振り切ってGI4勝目。ただ、大阪杯を勝ってもGI勝利のような気がしません。春天連覇へ視界良好!いざサトノダイヤモンドとの頂上決戦へ!としか思えない(笑) 

ソツがない馬ですよね。テン良し、ナカ良し、終い良し。キタサンの上がりは34.3ですが、33秒台後半の上がりの馬は皆、道中10番手以下。差し追い込み馬ではキタサンをまず差せない。キタサンを見るような位置にいないと。その位置にいたのは今回、ステファノスだったわけですが、残念ながら力差でねじふせられた。ただ、川田は上手く乗ったと思います。

 完全に歴史的名馬ですよ、コレは。特定の条件じゃないとモロい馬が昨今多いですが、キタサンブラックは1800~3200まで重賞を勝ち、渋馬場も苦にしないし、コース不問。展開は自分で作れる。鞍上は百戦錬磨のユタカ。今年度の引退はとりやめたそうですし、まだまだGI勝ちを積み上げそう。ディープインパクトの牡馬最高傑作VS兄ブラックタイドの最高傑作の対決。故障で大成しそこねたブラックタイドの「隠れたギア」はブラックタイドに受け継がれていたんだなあ。

 ステファノスは富士Sを勝っていますが、これはもう善戦マンです。GII、GIIIでも大崩しないが勝ちもせず、それはGI、海外GIだろうと変わらない。連続して好走はあまりせず、人気がないときほど警戒したほうが良い傾向もあります。次がGIなら警戒。次がGII,GIIIで人気になるなら軽視というスタンスが正しいのかも。ヤマカツエースは今がピークってことなんでしょうか。いつの間にやら重賞5勝です(笑) 立派な実力馬。

 サトノクラウンは伸びるか?と一瞬だけ思いましたが伸びもタレもせずなだれ込み。良馬場がよくなかったんですかね。阪神がダメとは思わないんですが。マカヒキは最後伸びてきましたが、勝ち負けとは無縁。ヤマカツエースからも1馬身半離れていますし。劣化版キズナ。2,3着馬はどこでもキタサンに勝てないでしょうが、マカヒキは府中2000だの京都2400だのなら勝てる……かもしれない。キタサンの上がりが33.9で、マカヒキが33.2とかで。可能性だけで厳しいのは厳しい。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<卯月徒然日記 | HOME | 『175(イナゴ)』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |