ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年中山GJ展望&マリーンC回顧

 今週は土曜に中山グランドジャンプ、日曜に牡馬三冠の緒戦・皐月賞が行われます。皐月賞は中山……ではなく、福島競馬場で観戦予定です。東北唯一の中央の競馬場なのに、俺は福島競馬場に行ったことがありません。というわけで今年の飲む・打つ・買うな春旅行は福島を中心とすることにしました。銀デミを駆って向かうので、競馬場では飲みませんが、福島のおいしい地酒なんかも堪能できればと思っています。その辺りは途中で同行する学友Kくんが詳しい……はず。来年はまた西へ。できれば九州までと考えています。冬は例によって、某ラジオのために上京の予定。

☆中山GJ予想☆
◎オジュウチョウサン
○アップトゥデイト
▲メイショウヒデタダ
△ルペールノエル
△タイセイドリーム
△サンレイデューク

 こんなの考えるまでもなくオジュウチョウサン。この1年間、重賞だけを5戦5勝で中山GJ、大障害も含まれています。たぶん単は1.3倍とかなんでしょうが、先週のソウルスターリングとは信頼度がまるで違う。落馬しない限りは負けようがない。アタマ鉄板と思いますが、これをアタマで買っても3単と3複で大差はないので、3複でいい。相手もまずアップトゥデイトだとは思いますが、4走前のポカが気になります(買ってハズれたw) ◎○から4頭流しか、アップが連を外すとして、◎から▲△△△の馬複4頭流し。どっちかでいい。もちろん◎△△なんて決まり方なら、3複3000円前後つくのかもしれませんが。オジュウチョウサンではなく、アップトゥデイトの取捨がキモと思います。

★マリーンC購入結果★
◎ワンミリオンス……6着
○リンダリンダ………3着
▲ホワイトフーガ……完勝
△タイニーダンサー…4着
△ララベル……………2着

 中央4頭VSリンダリンダ&ララベルという事実上の6頭立て。パールコードは自身にも父の産駒にもダート実績が弱いのに人気なので消し。この路線で連勝していたワンミリオンスで大丈夫だろうと◎-○▲-○▲△△という3連複5点で勝負したのですが、そのワンミリオンスがスタートで後手を踏んで、巻き返すことなく終了。と、戸詐欺!南関の戸崎は信じていたのに……。勝ったのはホワイトフーガ。2着に逃げねばった休み明けのララベル。3着にリンダリンダで、女王ホワイトフーガ以外の中央馬は撃沈しました。軸を間違えた。▲を軸にできていれば3複5000円だったのに。うう。

 ホワイトフーガはノド鳴りとの話も聞きますし、湿った馬場状態も良かったのかもしれません。ノドもあるし、そうでなくてもややムラな面を見せていますが、力を出し切れば現状の面子では格が違うということか。かつての女王・サンビスタをちぎった能力は伊達ではなかった。斤量も問題なく、問題なのは相手ではなく、自分自身の状態のみ。ただ、牝馬相手では崩れても馬券からは消えませんし、牝馬戦なら軸にして3複買うのが無難なのかもしれませんね。狙うのは今回が大チャンスだったのかもしれませんが……(笑)

 ワンミリオンスは出負けが想像以上に堪えたのかもしれません。2馬身程度の遅れですから、差し馬ならあれでも勝てたのかもしれませんが、終始レースの流れに乗れなかった。自分のペースに持ち込めないとモロいのかもしれません。斤量が堪えたとは思えないのですが。ララベルは休み明け&+25kgが懸念されたようですが、何の問題もなし。力を出せばリンダリンダと遜色ないのは地方競馬ファンなら誰でも知ってること。だから抑えてたのになあ。でも、今後、順調に使えるならば、リンダリンダとともに中央牝馬を迎撃できる力をはっきりと示しました。

 リンダリンダはこの馬の競馬はしました。ホワイトフーガはともかく、それで順調さを欠いたララベルを交わせなかったのは意外。距離適性の違いがあるのかも。ララベルは1600以下、リンダは1600より長いほうが合ってそう。リンダリンダは崩れずに頑張ってますし、どこかでダートGを勝つチャンスが周ってきてほしい。タイニーダンサーもこの馬なりに走ってますが、アタマ打ちって感じです。3着はあるかもしれませんが、今後勝ち着るシーンが浮かばない。パールコードはダートがダメとは思いませんが、芝のほうが結果は出せそうですね、やっぱり。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年皐月賞展望 | HOME | 17年4月北東北周遊記後編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |