ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

会津の味と名所と温泉~2017年4月東北縦断記2~

・4月15日
 長距離運転と夜間のハッスルで身体のダルさを感じながらも、熱めのシャワーを浴びて、栄養ドリンクをクイっと一本飲んで、この日もロングドライブを再開。4日間の旅行の中で、この日だけ天気がイマイチでした。R4をこの日も南下していくと、宮城県南部の白石市あたりでは桜がほぼ満開、福島市ではちょうど見頃という感じ。どんどん東京へ近づいていく形ですし、土曜日ですし、桜も見頃なので、R4は終始流れが良くなかった。ただ、混みあうのはR4だけなのか、福島市で会津方面へのR115に入った途端、ガラガラになりました。まあ、そんなもんだよなあ。

 R115は山越えの形となるので、天気も悪化、気温も低下してきました。福島市内は20度近かったのですが、10度以下に(笑) 一人、吾妻小富士OP(錯乱w)道路脇には雪が40cmやそこらは残っているように見えました。勾配はそれなりに急ではありましたが、カーブはさほど急ではない(個人の感想ですw) 走っていて気持ちのいいルートと思います。天気が良ければ、ですがね。この日も休まずにどんどん進みます。友人Kくんと13時に喜多方駅で待ち合わせだったのですが、とても間に合いそうになかったもので。後から思うと、仙台~福島を高速でショートカットすべきでした。
喜多方ラーメン

 1時間遅れで喜多方駅に到着し、Kくんと合流するとまずは腹ごしらえで、喜多方ラーメンのお店へ。Kくんがレビューサイトか何かをタブレット端末で見て、近くならここは?と示したお店「きくすい」さんを尋ねました。おそば屋さんのようですが、ラーメンも美味しいらしい。実際食べてみると、チャーシューも分厚くトロトロでしたし、もちもちの麺としっかりした和風の出汁のスープ(そば屋だけに?)がとても美味しかったです。喜多方ラーメンというのは、こういう太くちぢれた麺も特徴の一つのようですね。おいしいお店はいくつもあるようで、また食べに行きたいものです。ホント。

 店外で満開の梅の花を見ながら食後の一服。この日、満開だったのは桜ではなく梅でした。福島県は東から順に、浜通り、中通り、会津と三つの地域に分かれていますが、中通りと会津でもかなり気温も気候も違いました。この後、やや距離がありましたが、会津美里町の伊佐須美神社へ向かいました。大学時代、「神道と現代文化」なんて授業も受けたので、神社についての造詣が……俺は深くないですが、Kくんは詳しいようです。でも、まあ俺も寺社仏閣は割と好きです。前日に中尊寺にも行ってますし、昨年もわざわざ永平寺に寄るぐらいには。

 この伊佐須美神社。祭神が菅原道真であり、智の神です。学業成就などを祈願するのが良いのでしょうが、俺は明日の福島競馬での大勝と旅の無事を祈願しました。印象に残っているのは、やけにおみくじコーナーが充実していること(写真参照) この規模のおみくじコーナーがもう一ヶ所あって、20種ほどのおみくじが置いてあったような。多すぎだろ(笑) 充実したおみくじコーナーで俺が引いたのは金運おみくじ。結果は「大金運」との文字。当たるも八卦、当たらぬも八卦ですが悪い気分はしません。話が前後しますが、前日、岩手県花巻市あたりで「通称・伊勢神社」なる神社を見かけました。なんだよ?通称って……(笑)

 車を出す前に、スマホで中山GJのレース動画を見て、的中を確認。おお、お賽銭とおみくじの効果が即表れたのかと満足して、会津若松市内へと向かいました。市内に入ると、新鮮組の斉藤一(藤田五郎)さんのお墓があったのでお参りしました。72歳まで生きて、西南戦争にも参加したそうな。ほうほう。幕末の歴史が好きな方は訪れるのも良さそうです。品揃えが豊富な酒屋さんで、地酒を購入したあと、今夜の宿(旅館)にチェックインして、銀デミも駐車場へ置いてお出かけです。いや、そうしないと酒が飲めないじゃないですか。宿からはやや距離がありましたが、二人でおいしいおそば屋さんへGO!
こんにゃく

 土曜の夜ですがおそば屋さんは意外と空いてましたね。昼間のほうが混むのかな。地酒をちびちびやりながら、こんにゃくの味噌田楽やら、そば味噌などをつまみにします。で、積もる話をいろいろとしました。かれこれ10年近く交際相手もおらぬ俺ですが、いたらいたで悩むこともあるようです。Kくんの話を聞いていると。とはいえ、ここまでの旅路も気の合うパートナーがいたら、もっと楽しかったのかなと思わないでもない今日この頃……。シメに水そば(写真参照)なるものを食べました。文字通り、つゆではなく地元のおいしい水につけてあるおそばです。そば本来の味を堪能できる、そばに自信がないと出せない代物。ほんのりと甘みを感じました。なかなか美味しかった。
水そば

 俺は会津若松駅そばに宿を取りましたが、Kくんは数駅離れたところに宿を取っており、終電だとゆっくりできないので、一本前の電車に乗ることに。ただ、タクシー呼んでも間に合わないし、小走りで駅へ……と思ったら、都合よくタクシー発見!呼び止めて飛び乗るとなんとか電車に間に合いました。良かった良かった。明朝、会うことにして今日はここでお別れ。宿に戻ると、向かいの温泉「富士の湯」で汗を流すことにしました。これがとっても良かった!実にさまざまな種類の温泉があり、1時間以上はさまざまな温泉に入りました。外国人の入浴客も多かった。弘前でもしばしば入浴する「高濃度炭酸泉」もアリ。泡風呂やら露天風呂、壷湯、薬湯などなど。湯上がりから1時間以上ポカポカでした。

 ホテルではなく旅館ですから、ベッドではなく布団。洋室ではなく和室。こういうところのほうが落ち着くなあ、俺は。旅館の方の対応もとってもアットホームでしたし、駅から3分という立地の割に、宿泊代もリーズナブル。また会津にきたら、また同じ宿、同じ温泉に入ると思います。正直、前日は3時間ほどしか寝ていなかったのですが、この日は6時間ほど眠れました。駅前ですが実に静かでしたしね。詰め込み旅行も2日目が終了。あっという間に折り返し地点。翌日に続きます。
スポンサーサイト

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年東京スプリント回顧 | HOME | スタンド使い~2017年4月東北縦断記1~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |