ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『月と太陽』

『月と太陽』

「太陽みたいな人」はいるけれど

それは、まわりが照らしているから

きっと、あなたも照らしているから

そして、照らすあなたも輝いている

人は決して太陽にはなれない



私はあなたにどう見えますか?

私はあなたにどう見せようか?

三日月に見えるのは、私のせいだけじゃない

満月に見えるのなら、あなたのお蔭でもある

人は誰もが光を浴びて、反射する月



2017年5月9日作
2017年5月21日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

【あとがき】
いつもながら、我ながらカチカチとした詩ばかりです。
小説か評論かといえば、評論ばっかり(笑)
アナログかデジタルかといえば、デジタルばっかり(笑)
題名も「月と太陽を用いた人間関係考察」
なんてほうがシックリくる感じです。

月が満ち欠けして見えるのは
自転と公転と太陽があるから
実際に欠けるわけじゃない
どう見えようがほぼ球体で
それが変わることはありえない

という一連目を書いたのですが
説明くさいし、クドいのでバッサリ切りました。
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年オークス回顧 | HOME | 17年オークス展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |