ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年さきたま盃回顧

★さきたま杯予想結果★
◎モーニン……2着

 人気はベストウォーリアとモーニンの2強状態でしたが、勝ったのは3番人気のホワイトフーガ。4馬身差で圧勝。重賞は7勝目ですが、牡馬相手の重賞は初。JpnIIで斤量面の不利もなかったのは大きい。2着に出をつまづいたモーニン。1人気のベストウォーリアは、ホワイトフーガに突き放され、モーニンには差されての3着。3連複は1人気230円と買えないレベルで堅かったですが、3連単は3人→2人→1人だったので2550円。もう1頭の中央馬ドリームバレンチノは6着と、掲示板に載るのもままならず。4着は浦和アンサンブルライフ、5着岩手のラブバレットでした。

 ホワイトフーガはカカるカカると言われていましたし、中央馬は行かなかったですが、地方3頭が引っ張ってくれるよどみない流れも、フーガの気性に合っていた。あとは1400も良かったんでしょうね。ただ、1400はJpnIIIばっかりなのが難点。斤量背負わされそう。今回、JpnIIを勝ったことで、また斤量に影響があるかもしれません。あとは勝つときはこのように鮮やかですが、負けるときはコロっと負けるので、この着差は鵜呑みにしづらい。人気がないときこそアタマも考慮して、牝馬相手で断然人気のときは2,3着?と考えるといいのかも(勝つかもしれませんが)

 モーニンはつまづいて位置取りが悪くなってしまったのがすべて。府中1600などならカバーもきくのかもしれませんが、地方の小回り1400では後手を踏んでは厳しい。ただ、去年のフェブラリーS以降の不振からは脱しつつあるのかなとも感じます。一方、ベストウォーリアは普通に走って、普通に負けました。3着といえば悪くないように感じますが、実際は牝馬にぶっちぎられ、後手を踏んだ馬に差されて、後ろにいるのは地方馬と10歳のドリームバレンチノ。4着アンサンブルライフとは0.2差、巧い騎乗ではなかったラブバレットとも0.5差。うーん。衰えかな。

 今回の面子で今後、いっそうの活躍を望めそうなのは、中央馬のどれでもなくて、4着アンサンブルライフのような気がします。OP勝ち→さきたま4着ですよ。全日本2歳優駿3着馬が復活の狼煙をあげたか。平和賞以来の南関重賞2勝目はもちろん、今後の地方競馬を背負ってたつ存在になってほしいものです。ラブバレットも頑張ってはいますが、対中央馬では底が割れてしまった感が否めません。南関重賞なら勝ち負けしていいと思うのですが……。岩手馬はエンパイアペガサス、北海道二冠のベンテンコゾウなど良い馬が増えてきましたね。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年安田記念展望 | HOME | 05/31のツイートまとめ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |