ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『こぼれた光』


『こぼれた光』

見上げた夜空は

星が一つもない闇

そんな日もあるさ



でも、存在しないわけじゃない

ただ、曇っているだけだろう

空か、心か、あるいは両方か



つらいことばかりだからこそ

せめて視線だけは上へ向けて

かすかな光を見逃さぬように



きっとあの星の輝きは

明日を遮っている闇に

空いた穴からこぼれた光



2017年6月5日作
2017年6月11日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<梅酒の日 | HOME | 17年ベルモントS展望&北海道SC回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |