ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年宝塚記念回顧

★宝塚記念予想結果★
◎キタサンブラック…9着
○ミッキークイーン…3着
▲レインボーライン…5着
△シュヴァルグラン…8着
△シャケトラ…………4着
△サトノクラウン……優勝

 単勝1.4倍の圧倒的人気に推されたGI5勝のキタサンブラックでしたが、2年前のダービー以来のまさかの大敗を喫してしまいました。展望でもふれましたが、軸としては不動と見ていましたが、馬場と潜在能力を思えばサトノクラウンの一発に敗れる……ぐらいは想定していました。ただ、いいところなくズルズル下がっていくなんてのは衝撃でした。悪くても去年ぐらいのパフォーマンスだろうと思っていただけに。海外遠征は中止だそうですが、サブちゃんは元々乗り気でもなさそうでしたし、まだ勝っていない天皇賞・秋と有馬記念制覇を目標で問題ないと思います。

 押し出されるようにシュヴァルグランが先頭に立ちましたが、何がなんでもというわけでもないでしょうし、キタサンが来ないからそれなら……という感じでしょう。この面子なら馬なりでハナへ立つこともできたはず。それができなかったし、道中でカカる場面もあり、一応、先頭をうかがう位置での競馬はしましたが、逃げて止まったシュヴァルグランを交わすことさえできず9着。敗因は一つではなく、いろいろあるかと思うのですが、休み明け緒戦、2戦目はいいけど3戦目以降はパフォーマンスを落としています。そして蒸し暑い時期です。疲れがあったのではないでしょうか。

 勝ったサトノクラウンは冬馬のような気がしましたが、それは正しくなかったようです。最速の上がり35.4で突き抜けるなんてのは、まさにこの馬の競馬。大阪杯から間隔をあけて、狙い済ましての宝塚記念制覇。方々で言われていますが、デムーロでの3角過ぎの動きも上手すぎた。キタサンを突いて、周りも動き出したところで、自分は一息入れるなんて普通できませんよ(笑) また馬もそれに応えてくれた。力強く抜け出して完勝。堀師の談話に「海外も選択肢」という趣旨がありますね。実際、今回や香港ヴァーズを思うと、欧州に向くのはダイヤモンドではなくてクラウンなのかも。

 ゴールドアクターはここで見せ場もないなら終わりかな?と思ったのですが、終わってませんでした。2年続けて春天で大敗したように3200も京都も良くないんでしょう。秋は例によって、オールカマー→JC→有馬記念でしょう。得意な条件ではまだ見限れないようです。ミッキークイーンは、府中もマイルもダメじゃないけれど、「府中のマイル」は合わないのだと思います。1分31秒台というようなマイルでのスピード勝負は向いてない。実際、阪神のマイルや府中でも2400は勝ってますしね。長いこと、故障もせずに頑張っていますし、秋はエリ女を勝たせてあげたいところ。

 終わってみれば3,4,5人気で3複は万馬券かあ。キタサンブラックは飛ぶと思えたなら、余裕で買える馬券ですが、勝てないとは思えても、まさか9着に沈むと俺には考えられなかったので、今回のハズレは仕方ない。むしろマズいのはゴールドアクターを強い根拠もないのに消してしまったことです。なんとなく落ち目なのでは?ノリだからなんとなく不安などと考えてしまったのですが、ノリだから2GETでしたね……。まあ、終わったことは仕方ないし、俺にとっての春の大一番はここではありません。明後日の帝王賞です。バシっと当てて上半期を締めたいものです。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年帝王賞展望 | HOME | 『付和雷同』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |