ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年帝王賞展望

 競馬において、その年の芝の大一番は有馬記念ですが、砂の大一番はその後にある東京大賞典です。同様に上半期においては、芝は宝塚記念ですが、砂は帝王賞です。上半期はまだ終わってはいません。中央競馬の電話投票でも、地方競馬の馬券が買えるようになり、地方競馬は軒並み売上を伸ばしていますし、レースによっては売上のレコードを更新してもいます。というわけで、この帝王賞も年々、注目度を増しています。また、中央馬の出走枠も以前は4~5頭のレースがほとんどでしたが、徐々に枠は拡大され、今年の帝王賞は中央馬が7頭も出走しています。しかもケイティブレイブ以外の6頭は既にJpnIを勝っている馬です。ケイティブレイブにしても重賞4勝。この分厚すぎる牙城に地方馬は割って入れるのでしょうか?

1. メジャーアスリート…場違い。南関B1でも勝てないだろう。C1なら(笑)

2. アウォーディー…昨年のJBCクラシック馬。国内では1年半も連を外していません。気になるのはドバイ帰りの一戦ということだけ。

3. ケイティブレイブ…平安S5着以来。JDD2着こそありますが、その後のGIではそこそこ。現状、トップクラス相手では力が足りない気がします。同型との兼ね合いも気になる。

4. ミッキーヘネシー…無理。

5. グレイスフルデイズ…お疲れ様。

6. アポロケンタッキー…東京大賞典馬。この馬もドバイ帰り。鞍上は大井を知り尽くす内田騎手ですし、問題は状態面だけでしょう。

7. オールブラッシュ…川崎記念馬。名古屋大賞典はあんまりな内容。59kgが響いたとかそんなレベルじゃない。川崎記念は展開利が大きかっただけなんでしょうか。父ウォーエンブレムというのもムラを生んでいるのか?

8. ウマノジョー…地方馬の大将はこの馬でしょうか。とはいえダイオライト記念ではクリソライトに2.3秒差3着。JpnIIIをひとつだけ勝った中央馬あたりならいい勝負かもしれませんが、ここは相手が強すぎます。掲示板に載れば大健闘。

9. メイショウソレイユ…無謀。

10. クリソライト…いつの間にか7歳かあ。でも、衰えてはいませんね。前走なんて目の覚める末脚で2着。帝王賞は去年8着、一昨年2着。勝ち着る絵は浮かばないのですが、戸詐欺ではなく、戸崎らしさを見せてくれれば2,3着の目はある。

11. ゴールドドリーム…今年のフェブラリーS馬でドバイ帰り。鞍上デムーロは魅力ですが、ドバイでビリは負けすぎです。ベストはマイルで、2000が長いのかもしれません。

12. タマモネイヴィー…前走大井記念2着もウマノジョーには完敗ですし、ここは荷が重いのは明白。

13. サンドプラチナ…不要。

14. ヴァーゲンザイル…頭数あわせ。

15. サウンドトゥルー…去年のチャンピオンズC馬。戦績からも明白ですがマイルは短い。大井2000はすべてGIで1-1-2-0と4戦すべてで馬券になっています。間が空いていますが、的鞍もないし、ここを狙い済ましての参戦と思えば、非常に面白い。

16. プレティオラス…南関の長距離戦では安定して活躍し、近年の東京ダービー馬としては頑張っていますが、1年4ヶ月もの休み明けで、この面子ではどうにもならない。

 この10年、6人気以下で馬券になったのは2010年3着のボンネビルレコードだけ。ボンネビルはJpnI馬でした。そういうタイプの馬は今年は地方にいません。中央7頭の争いなのは確実。

 ドバイ帰りの3頭は遠征の疲れなどが気になります。全部飛ぶおそれはあっても、その3頭で決まるとはちょっと考えにくいです。軸はドバイ組以外から選ぶのが妥当。ケイティブレイブとオールブラッシュは、今回の面子では格下の上に、ラク逃げなんてできない、させてもらえないと思います。クリソライトは良くも悪くも底が割れてしまっている。サウンドトゥルー軸が無難と思います。この馬の競馬をしてどこまで届くか、それだけ。3連の軸としては信頼しています。

 相手も6頭なんて買っていられませんから、1,2頭は絞らないとガミるでしょう。そもそもほとんど荒れないレースです。ケイティブレイブは馬も人もこの面子では格下、実績不足なので軽視。前付けしなきゃ論外だし、前づけしても3頭以上に差されそう。ヒモが5頭ならフォーメーションで7点ならいいかな。無理やりもう一頭削ってはずれるのは避けたい。3連複で◎-○▲-○▲△△△で7点。アウォーディーが飛んだ場合は、これでも3000~6000円は見込めます。

◎サウンドトゥルー
○アウォーディー
▲アポロケンタッキー
△クリソライト
△オールブラッシュ
△ゴールドドリーム
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<17年帝王賞回顧 | HOME | 17年宝塚記念回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |