ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年帝王賞回顧

★帝王賞予想結果★
◎サウンドトゥルー…4着
○アウォーディー……3着
▲アポロケンタッキー5着
△クリソライト………2着
△オールブラッシュ…6着
△ゴールドドリーム…7着

 買った馬が来ない。あるいは買わなかった馬が来る。それは誰にでもよくあることです。しかし、その両方が何度も何度も繰り返されるのは、どうなっているんだろう。キタサンが沈んでゴールドアクターが突っ込んでくるし、サウンドトゥルーは伸びきれず、伸びきったのは出の悪かったケイティブレイブ。宝塚記念と帝王賞だけでなく、こんなことがこの春は何度も何度もありました。競馬と関係ないですが、地道なダイエットの甲斐あって、体重は落ちているのに、肝臓の数値は悪化。どうなっているんだろう。ちょっと気持ちが折れそうです。中央競馬は秋までお休みしたい。地方競馬も交流重賞限定にします。どうも流れが良くないですから、少し間隔をあけてクールダウンが必要なようです。

 ケイティブレイブは番手でも競馬ができますが、逃げたほうが結果は出ていますし、今回は番手どころか、つまづいたのかスタートで後手をふみました。シメシメ、メシウマ!なーんて思ったのですが、前走のクリソライトのように、(事実上の)最後方から他馬より1秒以上速い鬼脚炸裂で、初GI勝利を挙げました。好スタートを切っていたらどうだったんですかね?福永の談話でも「スタートで大きく躓いて『終わった』と思いました」と言ってますよ(笑) 怪我の功名ということなんですかね。隠れた末脚が結果的に引き出されたようです。「この形で勝てたのは大きいですし、目の覚めるような末脚を使ってくれたので、これからどんな形の競馬になっても、安定して力を発揮出来ると思います」とも言ってますが、まさにそうでしょうね。まだ4歳。連戦連勝とはいかないでしょうが、伸びしろも見込めそうですし、これから大舞台を引っ張っていく一頭に名乗りを挙げました。福永「実は小学生の時に初めて買ったCDがWinkの『淋しい熱帯魚』だったので、勝って相田翔子さんに会えたらいいな、と思っていました」……どーでもいいよ……。

 クリソライトは俺と違って、波に乗れている感じ。よどみない流れを2番手追走、垂れるオールブラッシュを尻目に突き放し、強いクリソライトが戻ってきました……が、勝馬が鞍上や陣営、ファンが思いもしなかった鬼脚を繰り出し敗退。近走で裏街道へ回って、勝ち負けしたことで、馬に自信が戻ってきたのかもしれないと思いました。アウォーディーはデキが悪いってことはなかったんでしょうが、やはり海外帰りはラクじゃなかったというところでしょうか。ユタカの談に「今日はゲートの中で鳴いていました」ともあります。疲れているのかもしれませんね、身体的というか精神的に。それでも並びかけてきたサウンドトゥルーに交わさせないあたりは、さすがの勝負根性。アウォーディーらしさも見えました。サウンドトゥルーは一気に飲み込む脚がなかった。休み明けだからなんですかね?本当はケイティブレイブのような競馬をサウンドがしてくれるんじゃないかと期待してたんですが……。アポロとゴールドも海外帰りが堪えたか。ゴールドは懸念したように距離も向いてない。オールブラッシュは川崎記念がフロック以外の何でもなかった。

 事実上の7頭立てとはいえ、6人気で単820円。馬複2330円、3複2200円しかつかない。世間の人は馬券がうまいですよ、ホント。3複はアウォーディーが残っているから理解できますが、馬複も5,6人気で2200円なんて安すぎ。配当を見るまでは4000円ぐらいついたのかな?と思ったのですが、全然ですね。まあ、消した馬に完勝されて、軸馬が4着に沈んだアッシにはまったくもって関係のねえことでござんす……ぐはあ!
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<減量と途中経過 | HOME | 17年帝王賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |