ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年スパーキングレディーC回顧

★スパーキングレディーC予想結果★
◎ホワイトフーガ……4着
○サクラフローラ……11着
▲アンジュデジール…優勝
△ララベル……………2着
△トーコーヴィーナス5着

 ホワイトフーガ本命の時点でハズレなのでどうしようもないのですが、展望日記の時点では5番目にタイニーダンサーにしていたのに、MIXIつぶやきで書いたように、タイニーダンサーを消して、トーコーヴィーナスを買っているところが、俺の馬券のダメさ加減を際立たせています……。まくり気味にホワイトフーガが上がっていたときは、ホワイト、アンジュ、ララベルだなーと思ったのに。勝ったのは3歳馬アンジュデジール。やはり52kgという斤量は大きいのでしょうか。それにノリさんがこの斤量で乗っているのも色気があったからなんだろうとやはり思います。ララベルは順調に使えない弱みがありますが、やはり能力は中央重賞馬に見劣らない。3着に差してきたタイニーダンサーでした。

 ホワイトフーガはどうしたんですかね……。直線でバッタリとまった……。ララベルの上がりが39.2で、ホワイトフーガは40.0。ほぼ直線での差と言っていい。ララベルと並んで走れれば、アンジュデジールに差されても、タイニーダンサーに差されるはずはない。そんな4角の位置取りでしたが、終わってみれば一度は完全に交わしたトーコーヴィーナスに詰め寄られる4着。2番手追走のララベルが残るペースです。押し切っていいはずなんですが……。蛯名の談話では「斤量差と夏負けが重なったかも」だそうですが、去年のほうが斤量差があったタイニーダンサーに先着されているんですが(笑) 夏負け……?でも負けすぎだよなあ。

 この時期の芝の重賞もそうですが、軽い斤量の牝馬は怖いですね。アンジュデジールはクイーンマンボに完敗だったのに、ここで突き抜けました。父ディープインパクトで、ダートグレードを勝ったのは、レパードSを勝ったボレアス以来でしょうか(他にもいたらすいません) 相手が凡走したとはいえ、3歳夏にこのレースを勝った意味は重い。なんだかんだでここ2年近く、ホワイトフーガがこの路線のトップに君臨してきましたが、次代を担う一頭になりそう。賞金面で余裕もできましたし、陣営もこの後は充電して秋とのコメント。当然、レディスプレリュード→JBCレディスなのでしょう。秋にさらなる成長した姿を楽しみにしたいです。

 ララベルはこの馬の競馬はしました。それに道中、落鉄もしていたようです。それでこれならさすがという内容。ダートグレードを勝っていませんが、当然勝っていい馬です。それがJBCレディスでなくて、前哨戦のレディスプレリュードでもいいので、ひとつ、中央馬相手のタイトルを取って欲しい馬です。トーコーヴィーナスは好スタートを切って完全燃焼。なんでこの馬が1年以上、地元の園田で勝ってないのやら。遠征のほうが強いですよね、この馬。なんか理由があったんですがちょっと忘れた。サクラフローラは上がり最悪でブービー負け。他地区馬に先着される始末。ここまでの惨敗だとナイターか地方の馬場や小回りか?それら全部か?合ってないとしか思えない。

 ホワイトフーガが飛んでも3複6580円、3単26480円かあ。逆張りしてた人がけっこういたのでしょうね。俺も確勝とは思っていなかったのですが、さすがに3着は外さないと見ていたのですが、結果はご覧のEarly Summerですわ……。逆噴射していくホワイトフーガを、コンビニ前でプクイツして見ていたら、思わず「うああああ……」と声が漏れてしまいました。周りに一人二人、人はいたんですけど。つい……。重賞以外もそんなに当たっていませんが、重賞はほんっっっとうに当たらないこの頃です。参ったなあ。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『投票ケン』 | HOME | 17年スパーキングレディーC展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |